風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

なぜ私は「走る」のか? を考えてみた。

f:id:dj_tomokick:20171104123136j:image

2か月ぶりに走ってきました。

無理せずに40分JOGをキロ7分30分ペースで。

 

走る余裕がなくなっていた

学生時代は帰宅部で生徒会役員、習い事を長く続けていたので運動とは無縁でした。

走ることに興味が湧いたのは社会人になってからで、初フルマラソンは30歳を過ぎてから。

週末に10km前後の距離をゆるく走る程度ですが、トレーニングをしていた時は月間走行距離100kmは走っていました。

フル完走し、転職をしてからは月に1〜2回走ればいい方で、走るのをやめてしまって…。

ランウェアを着るのも億劫。走る気持ち良さより、ツラさや苦しさが先に浮かんでしまい、今日はいいや、とやめてしまう。

体調面でも自信がなく、走るココロの余裕がなくなっていたんだと思います。

 

また走ろうと思ったきっかけ

来年1月の箱根駅伝出場校を決める、出雲駅伝と予選会をテレビで観たこと。

「陸王」のドラマを見始めたことがきっかけでした。

襷を繋ぐ姿、キロ3分で走り、そのフォームも目を見張るものがあります。

 

久々に走って思い出した瞑想状態と呼吸

マインドフルネス、という言葉が一般的になった昨今、私は走っているときがその状態になれるんです。

ヨガスタジオに通っていた時期もあり、自宅でも一人で毎日やっていたのですが、正直呼吸がうまく合わなくて毎度苦しい思いをしていました。

同じく瞑想も、呼吸に意識を整える、というのがうまくできず、意識すればするほど苦しくなる…。

瞑想どころじゃない。

でも、走っているときこそ、呼吸に意識を向けられて、嫌なことも考え事もなくなって、スッキリするんです。

自然な呼吸、無理のない呼吸ができるのは走っているとき。

ちゃんと全身に空気を循環できるのが、意識的な深呼吸よりも、走るときの呼吸。

今回、久々に走って、それを体感することができました。

走ることが食事や睡眠と同じくらいのことになればいい、というのが私の理想の生活スタイル。

思えば、仕事で心砕かれたときは食事も睡眠も、もちろん走ることさえできなかった。

落ち着いた今、走ることで自分を取り戻すきっかけを掴めたのかな。

また、フルマラソンにチャレンジしたいな、と思っています。

 

draw your life! ともきっくでした。

広告を非表示にする