読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

いいことも悪いことも、思いや気持ちは溜め込まない

話すこと、書くことで気持ちを表に出していく

仕事が佳境を迎えており、5月いっぱいは踏ん張り時。

うまく自分の気持ちをコントロールして、乗り越えたいところ。

先日、自分の気持ちと向き合いながら人と話す機会があって気付いたこと。

日々の生活の中で、自分が思っていることを表に出すことってないので、文字で書いて口に出して話すことで、いろんな気づきがあった。

f:id:dj_tomokick:20170514223656j:plain

 

自分の気持ちを客観的に見る

人と話したり、ブログに書いたりすることは、他人に自分の気持ちを表現する行為だから、どこかで気持ちの検閲をかけている。

相手に嫌われないように、とか、うまく言おうとか、格好良く書こうとか。

そういうのって特に意識してやっていることではないけれど、自然にそうしている。

今だって、ブログを書くのに、頭で浮かぶフレーズがそのままスラスラとタイピングできているわけではなくて、文章の構成や言葉を選んで、書いては消してを繰り返している。

意識していない気持ちの検問、自然に口にする言葉は頭の中でぐるぐると浮かんだり、消えたりしている。

それが当たり前になっているから、本当に自分が思っていることを取り出してじっくり見ることってない。

自分の気持ちを客観的に見ることって、ない。

 

溜め込んだ思いや気持ちは腐っていく

思いや気持ちも、溜め込むと腐っていくんだなぁと。

モノと同じで、溜め込む量が増えていくとお気に入りものさえ見つからないほどになっていく。

好きなものも嫌いなものも、まるっと一緒になってしまって、何が好きで何が嫌いなのかわからなくなっていく。

気持ちも一緒で、いいことも悪いことも溜め込まないで吐き出していかないと。

流れる水と一緒で、滞留すると溢れていくし、時間が立つと濁っていく。

どんどん、流していく。外に出していく。

 

ポジティブなことは話す。ネガティブなことは書く。

ポジティブなことって、人に話せば話すほどに自分も相手もいい気分になる。

それは独り占めせずに、相手にも共有していく。

逆にネガティブなことは、人に共有しない。

紙にでも書いて破って捨てる。

 

頭に浮かぶことそのままを話したり、書いたりできるようにする

頭に浮かぶこと、そのままを話したり書いたりすることって、いざやってみるとなかなかできないもの。

それができないと、気持ちが滞留してしまうから、なんとかしたい。

と、思って編み出したのが、1日1回頭に浮かんだことを紙に書いていく

企画書もコピーも、手書きで書くとアイデアがまとまっていく - 風街BREEZE

文章のまとまりとか、こんなこと書いたらだめかな、なんて思わずにどんどん書き出していく。

話したり、書いたりすること、もっと上手になりたい。

自分の気持ちを素直に伝えられるように。

 

draw your life! ともきっくでした。

 

▼ミニマムライフが参考になるトラコミュ▼

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 

日常の小さなできごとを愛する生活

暮らしを楽しむ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

シンプルで豊かな暮らし