読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

怒りを手放したら、気持ちが軽くなった話

GINZA SIXの蔦屋書店で本を買う

ひょんなことから、オープンしたてのGINZA SIXに行ってきました。

というのも、欲しい本があって買いに行ったのですが…

GINZA SIX内に蔦屋書店があると聞いたので、行ってきたのです。

でも、広くて、カテゴリー分けに慣れなくて、その一冊を探すのに30分もかかってしまいました。

泣きたくなったあなたへ

泣きたくなったあなたへ

 

松浦弥太郎さんの最新刊です。

目次を先にネットで見ていて、中をパラパラと読んで面白そうだったら買おうを決めていました。

なので、本屋さんに行って買いたかったのです。

 

傷つくのも、傷つかないも自分次第

昨日、お酒を飲みながら、心ない一言を言われました。

とても悲しい、いつもだったらものすごく落ち込んでしまう一言。

でも、私は決めたことがあるんです。

それは、弥太郎さんの本に書いてあったこと。

きれいごとを言うつもりはないけれど、怒らないって決めたんです。僕は。

怒ったら負け。「怒りたくなったら笑えばいい」。

もう、怒るのはやめました。

最近、仕事のことで落ち込んだときに読んだ、さえりさんの本でも書いてありました。

今日は、自分を甘やかす いつもの毎日をちょっと愛せるようになる48のコツ

今日は、自分を甘やかす いつもの毎日をちょっと愛せるようになる48のコツ

  • 作者: 夏生さえり
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

本当に大事にしているものはたったこれだけ。と自分の中でしっかり決めてしまえばいい。それ以外はなんでもOK。

私はその人のことを好きだったけれど、もしかしたら私の態度がそうさせたのかもしれないけれど、怒ってまでその人の気持ちをつなぎ止めなくてもいいや、と自然と思えたんです。

私にはもっと大事なものがあるんだから、怒りのエネルギーをこんなことで使いたくない。

そう思ったら、いつもだったら深く感じる傷も、かすり傷程度で済みました。

 

いつも私は何に怒っていたんだろう?

朝、「サワコの朝」に星野源さんが出るんだった!

と飛び起きたのですが、昨日は酔っぱらって帰ってもちゃんと録画予約していて(笑)

ちょっと二日酔い気味でしたが、平日と同じ時間に起きました。

そのときに、思い出したんです。昨日言われた一言を。

やっぱり悲しくて、なんでそんなこと言うんだろうって。

でも、もう決めたんです。

私は怒ることをやめて、もっと自分を大事にしてあげようって。

f:id:dj_tomokick:20170429114519j:plain

だから私は、傷ついた私を慰めるために、近所のお花屋さんに行って、自分にお花をプレゼントしました。

今が旬だという芍薬の花を2つ。

あと、美味しそうな甘いドーナツとコーヒー。

花を部屋に飾って、ドーナツとコーヒーを食べながら、「サワコの朝」の録画を見ました。

今は、休みの日の急な仕事の連絡も、冗談を交えて返信できる余裕がある。

なんだろう、私は今まで何に怒っていたんだろう?

 

私のことは、私自身が守ってあげるんだ

"怒り"を手放すことは、相手を、自分を許すこと。

許せないこともあるし、怒ることもあるかもしれないけれど、「こうじゃなきゃ!」と思うことなんて一つや二つくらいしかないはず。

諦めではなくて、そこまでこだわらなくてもいいかなっていうだけ。

自分の思い通りにならないから怒るんだなって思ったら、怒りを手放すためにはこだわりも手放さなきゃなって気付いただけ。

私の好きな人はこういう人じゃなきゃ! と思っていたけれど、違ったみたいだし(笑)

もうこうなったら全力で、私は、私自身を守ってあげるよね。

もっと自分をゆるめてあげる。

こだわりを、怒りを手放す。

何もできなくても、

何も持っていなくても、

何も知らなくても、

いつも笑顔でいること。

にこやかでおだやかでいること。

泣きたくなったあなたへ

泣きたくなったあなたへ

 

 

draw your life! ともきっくでした。

 

▼ミニマムライフが参考になるトラコミュ▼

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 

日常の小さなできごとを愛する生活

暮らしを楽しむ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

シンプルで豊かな暮らし