読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

お金を理由にやりたいことができないなんて

1時間ほど残業したあと、ダッシュで帰宅。

今日は家に帰ったらこの本を読まなければならないから。

いのちの車窓から

いのちの車窓から

 

昨日の夜ランが気持ち良かったからまた走りたいな〜。

夜ごはんも作って食べたいな〜。

あの人からメッセージも来ているから返信しよっと。

そうそう、ブログも書きたい!

こんな風に、やりたいことがいっぱいある夜が、なんだかちょっと、幸せ。 

 

モンスターリア充から学ぶ「愛」と「お金」の法則

ブログを始めて、twitterと連動させてから、いろんな人と交流することができた。

もともとミニマリスト界隈の住人たちとお近づきになりたくて、ブログサービスははてなを選び、たくさんのブログを読み漁ってきた。

そして、2016年の4月、私はリュック一つで北海道に行き、リアルの場でミニマリストの人々と出会い、交流し、人生が変わったのだ。

【過去記事】【#ミニマリスト】これからの私とブログについて 

f:id:dj_tomokick:20170331000750j:plain

その時出会った人たちとは、twitterで絡んだり、飲みに行ったり、はしゃいだり、笑ったりする関係になっていて、その交友関係もだんだんと拡がっている。

関係の拡がりの中で出会ったのが、通称"モンスターリア充"のみどりさん

彼女が今回アップした記事を読んで、そうだよな〜と妙に納得してしまった。

サムネイル画像のホロ酔い画像がエロい(笑)

 

お金持ちになりたい理由

みどりさんの夢は「お金持ちになる」ことだそうで、そこだけ切り抜いて取り出すとおかしなことになるんだけれど、ちゃんと前後の文脈も一緒に取り出してみると、なるほどね、となる。

「わたしの場合、お金があったら、自分のやりたいことが、ほとんどできると思うから。」

この台詞、シンプルだけれど、「お金持ちになりたい」理由としては至極真っ当。

考えてみたんです。

私の、お金があったらやりたいこと

それを考えはじめたら、ものすごく楽しかったし、ワクワクして

あ、お金ほしいわ、って心の底から思った。

 

お金を理由に、できないことがあるのなら

転職をしてお給料が下がってから、働き方とか自分の時間の使い方とか、ぼや〜っとだけれど考えるようになって、果たしてどの状態が自分にとってベストなんだろうか、とゆらゆらと悩んでいる最中。

つい最近まで、きっと今の私では到底できないことや立ち会えないところにいた。

会員制レストランで食事をしたり、高層階から夜景を眺めたり、フカフカのお布団が用意されたホテルに泊まったり、クリスマスにゴルフをしたりしていた。

ひと通りやり尽くして、心が空っぽになったときには、もういいやって思ったけれど、今、同じことをしようと思っても出来ないんだなって、それはそれで寂しくなった。

それだけの恩恵を受ける仕事はしていたと思う。

けれど、身を削って手にしたものは私を満たしてはくれなかった

もちろん、お金があったら、まだ食べたことがない上海蟹を食べに行きたいと思うけれど。

つまりは、そういうことだ。

何かが強烈に欲しいというわけではなくて、お金を理由にできないことがあったり、手に入れられないものがあるのが、嫌なのだ。

 

ウォシュレットは必須だし、浴室乾燥機も必要だよ

今住んでいるマンションは、私の前職の収入を前提に借りている部屋なので、今はほぼ家賃でお給料がなくなる(笑)

でも、立地は譲れないし、この部屋がお気に入りなのだ。

冬は結露がひどいし、外より寒くなるけれど・・・。

バストイレは別であってほしいし、ウォシュレットはないと困るし、今更洗濯物を外に干そうなんて思わない。オートロックじゃないとか、宅配ボックスがないとか、ありえない。

お金がないから引っ越すってなったら、収入に見合った部屋に住むことになったら、同じ立地では確実に今挙げた条件は叶わない。

条件を叶えるために立地を変えるなんて、尚更ありえない。

それなら実家帰るよ。

今あるお金の中でやりくりしようとするから、「お金ないな〜」って貧相になってしまうわけで、そうしたらもう、方法は一つ。

 

お金を増やすしかない

 

みどりさん、私もお金持ちになりたいわ。

 

自分の欲望に素直になってはだめかしら

一度、モノを極端に減らしているから、極端に増やすことはないと思うんだけれど。

モノのリバウンド、している人っているのかな。

今持っているものがお気に入りかって言われると、うーん・・・と悩んでしまうのは、どこかで妥協している部分があるからだ。

例えば、いつも着ているボタンダウンのシャツ。

無印良品のものを白と水色の色違いで4着持っているのだけれど。

別にこれはこれで何の不自由もないけれど、好きでも嫌いでもなく、あえて言うなら好きっていう感じ。

本当は一度試着したことがある、1万円ちょっとするシャツを自分の定番として揃えたいなって思っている。

ジャケットを買うなら、オーダーして自分の身体にフィットするものを着たい。

靴も、スニーカーではなくて、1足オーダーの革靴が欲しい。

ジムに通うなら、マンツーマンのパーソナルトレーニングをお願いしたい。

ランニングウェアも全身NIKEで揃えたいし、2セットは欲しい。

今持っているものの中から、更に増やす、というよりも、バージョンアップしたい。

自分が好きだと思うもの、感度に沿うものが欲しいと思うだけの話。

 

 

だってさ、今の私はこれが買えないのだよ。

 

draw your life! ともきっくでした。

 

▼ミニマムライフが参考になるトラコミュ▼

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 

日常の小さなできごとを愛する生活

暮らしを楽しむ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

シンプルで豊かな暮らし