読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

自分が思うほど自分は出来る人間ではないから、過度な期待はしない

週末は大寒波がやってきて、日本海側は雪でした。

都内は雪は降りませんでしたが、寒い!寒い!

朝起きたら熱っぽく、だるかったので一日中寝ていました。

 

体調が悪い…嫌な予感

金曜の夜、そろそろ帰るかなぁと机の上を片付けて、PCの電源をオフ。

まだ少し作業が残っていたので、それは週末にやろうと思っていました。

会社の人にも「土曜は用事があるのですが、日曜は出社します」と告げて帰りました。

f:id:dj_tomokick:20170115205404j:plain

日曜の朝、起きたら身体がだるい。

熱っぽい感じもしていて、吐き気もする。

年に1回、必ず起こすのが、胃腸炎

何かヤバそうだなぁ、と思いながらダラダラ。

午前中にアイロンがけなどの家事をしてから身支度をしていたのですが、思い切って出社するのをやめました。

片付けた布団を敷き、寝直すことに。

「今日はゆっくりする。身体を休めよう!」

 

出来なかった自分にイライラする

とはいえ、やり残したToDoが気になります。

業務連絡が流れるタイムラインを追っかけたり、メールチェックしたり。

出社している人の動向が気になる。

体調が悪いんだし、そもそも今日は休日だし、寝ていて何が悪い。

と思いつつも、決めたことが出来なかった自分にイライラ。

月曜に「何で出社しなかったの?」「あれはちゃんとやったの?」と聞かれるんじゃないという不安。

横になっていても、イライラと不安でなかなか寝付けません。

とにかく会社にだけは行けばよかったのかな、とか思ってしまったり。

そんなことをぐるぐる考えていたけれど、気づいたら寝ていました(笑) 

 

自分に期待をかけすぎないようにする

目標を立てたり、何かをやろうとするときって、やる気があるから、自分に期待している。

f:id:dj_tomokick:20170115205550j:plain

1分1秒先の未来の自分に対しての期待。

それがなければ、目標を達成できないし、努力もできないけれど、過度な自分への期待って時に疲弊を招いてしまうんじゃないかなって思いました。

例えば「毎朝ランニングしよう」と決めたその時は、毎朝少し早く起きてランニングをしている自分をイメージしますよね。

その時はワクワクするし、できるって思うけれど、いざ次の日の朝に結局いつもの時間に起きてランニング出来なかったら、ものすごくがっかりする。

やっぱり自分はできないんだなって。

私はいつもそうです。そうやって自分にいつもがっかりする。

今日もそうでした。

自分が思うほど、自分は出来る人間ではないんです。

それはネガティブなことではなく、自分を客観的に見た感想として。

だから、過度な期待はしない。

理想を追い求めることは大事だし、それが生きる原動力にもなるけれど、時に自分を追い詰める原因にもなるんじゃないかな。

 

期待値を下げることでハードルを下げてみる

自分が思うほど、自分は出来る人間ではない、としたら、出来るようになるためにはやることのハードルを下げるしかない。

毎朝ランニングをしたいなら、最初からランニングをするんじゃなくて、そもそも朝起きられないなら、1分でも早く起きられるようにすることから始める。

時間はかかるけれど、自分が出来ることから始めていく。

ちょっとずつ、ちょっとずつ、時間をかけて出来るようにしていく。

何でもすぐに結果を求めようとするからツラくなるんだ。

過度な期待をしないことはネガティブなことじゃない。

自分に自信をつけるための努力なんじゃないかって、思います。

 

draw your life! ともきっくでした。

 

▼ミニマムライフが参考になるトラコミュ▼

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 

日常の小さなできごとを愛する生活

暮らしを楽しむ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

シンプルで豊かな暮らし