風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

毎年思う「今年はお金を貯めよう!」を実現しよう。

 一番の幸せは、おなかいっぱいごはんを食べて、よく飲み、よく笑って、よく寝ること。

そういう時間が1時間でもあると、それだけで幸せだ。

転職してからも変わらない生活

転職してから、収入が減りました。

f:id:dj_tomokick:20170112231952j:plain

今までの半分、というのは言い過ぎかもしれませんが、そんな感じです。

会社都合での退職で、失業手当を数ヶ月もらっていました。

その後、早い段階で今の会社への就職が決まったので、「早期就職手当」の給付もあったりして。

ハローワークインターネットサービス - 就職促進給付

そんなこんなで、生活費に関しては特にダウンサイジングせずに、転職してからも変わらない生活を過ごしていたのです。

 

貯金を切り崩す生活

前職の給与をベースに算出した生活費。

特に家賃に関しては、住みたい家の条件を満たしているところに住んでいるため、ちょっとお高めです。

とはいえ、条件と立地で考えるとお得な家賃ではあるのですが。

現職の給与では現実高すぎるんですよね、家賃が。

毎月の出費のほとんどが家賃で持っていかれている・・・。

電子レンジ、手放したんですけど、それって生活に余裕があればいいのですが、日々の業務でヘトヘトの私は、冷凍ごはんを鍋で解凍するほどの余裕はないです。

レンジ3分で解凍したいです。

コンビニで買って来たお弁当でさえ、家で温められないんですよ!

そうなると自炊からは遠ざかり、外食中心に。

「頑張ったから」「臨時収入があったから」と自分に言い聞かせ、パソコンを買ったり、脱毛サロンを契約したり。

確かに必要な出費ではあるんだけれど、いつの間にか、貯金を切り崩すことに慣れてきています。

 

家計簿アプリを使うだけではダメ?

ブログ等で話題の家計簿アプリ「マネーフォワード」。

家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」

私も使っています。

とりあえず収支を確認するために入力しているのですが、これってただ入力するだけで満足してはいけないんだな、と最近気づきました。

入力する習慣付けが出来たら、次は、毎月どのくらいの支出があるのかを把握しないとだめなわけで。

入力して、ハイ終わり!としていた私は、ただひたすらに「お金がない!」と焦るばかり。

傾向と対策を練る段階の前の問題。

ブログで収支を公開できるくらいにはなりたいなー、とは思うのですが。

いや、公開しましょう。

2月から(笑)

 

draw your life! ともきっくでした。

 

▼ミニマムライフが参考になるトラコミュ▼

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 

日常の小さなできごとを愛する生活

暮らしを楽しむ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

シンプルで豊かな暮らし