読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

元帰宅部、運動未経験でもフルマラソンを完走できた理由

run

週末、久々の夜遊びで明け方帰宅。

しかも恵比寿から新橋まで歩いて帰り、吉野家で牛丼食べてからタクシーに乗って帰るという謎の行動。

昼頃起きて、牛丼のカロリーを消費するために外に出たら、いつの間にか90分ランニングしていました。

【過去記事】ラジオ愛が更に高まる! radikoタイムフリー機能でラジオを楽しもう! - 風街BREEZE

 

食べたい! 飲みたい! だけど太りたくない!

ニット帽ボーダーメガネの私でも、一応フルマラソン完走者です。

初フルでネットタイム(スタートラインからゴールラインまでのタイムのこと)4時間台でゴールしました。

【過去記事】【Run】やっぱり走ることって楽しい! - 風街BREEZE

私は中学、高校と帰宅部で、運動は体育の授業のみ。

大学時代にほんのちょっとボディボード(流行っていた)をやったくらいで、スポーツというスポーツをやったことはなく。

そんな私が30代になって、突然ランニングに目覚めて、フルマラソンを完走するまでになったのですが。

よく聞かれることは、「なんで走るようになったの?」という質問。

考えればいくつか理由はあるのですが、大きな理由が一つ。

思いっきり食事やお酒を楽しみたい!だけど太りたくない!

今は標準体型より少し痩せ形になりましたが、2〜3年前はMAX太っていたんです。

当時は体重計を持っていなかったので正式な数値はわかりませんが、今より7〜8kg太っていたと思います。

仕事終わってから、焼き肉食べて、barでしこたま飲んで、帰りにラーメン食べて、そのまま寝る、という漫画みたいな生活を送っていた時期がありまして。。。

それから糖質制限とランニングで体重を戻し、フルマラソンを走ったあとくらいからは多少食べ過ぎても太らなくなって、体重が安定しています。

 

走ることで、ストレスから解放される

モノを減らすことに興味を持ち始めた時期と、フルマラソン完走に向けてトレーニングをしている時期が重なっていたのは偶然ではなかったんだな、と最近思っています。

仕事もプライベートもそれなりに充実はしていたけれど、なんだか心の中はゴチャゴチャしていて気分は落ち着かないし、軸が定まらずにグラグラと不安定でした。

https://www.instagram.com/p/BLtNO7JA2wa/

2016.10.18 tue.*40minJOG*逃げ恥前に軽くJOGってこようと思ったら、うっかり源ちゃんのオールナイトニッポンを聴き始めたら止まらない〜。週末は20km走りたいな。

モノを減らしたから、ランニングをしているから、だから心が安定するのか、というわけではないですが、方法の一つとしてはあるのかな、と。

私の場合、仕事で嫌なことがあったり、イライラした時ほど、1kmあたりの速度が上がるんですよね。

こういうときには、坂道ダッシュやスピード練習といった通常の速度より早いペースで短い距離を走ることを繰り返すんです。

苦しいし、心拍数が上がるので、イライラとか悩みとか考えてる暇がない(笑)

大抵の嫌なことは走れば忘れられる、と個人的に思っています。

ストレスも解消できて、トレーニングにもなる。一石二鳥です。

 

30代でもフルマラソン完走達成、目指せサブ4!

自称ミニマリストランナーの私。

ランニングデビューは30歳を過ぎてからです。

フルマラソンを完走したのは、34歳。

でも、大会では普通に60代、70代のランナーに抜かされます。

むしろ、若いランナーほど、前半飛ばしすぎて後半バテるらしく、私ですら、追い越してしまうほど。

まだまだ私にも伸びしろがあるんですね。

今の私の目標は、30代のうちにサブ4達成。フルマラソンで4時間台を切りたいです。

仕事が忙しいから、時間がないから、子育てが忙しいから、走ったことがないから、大変そうだから。。。

もちろん、環境は人それぞれ。無理に運動を始めることはないし、好きでもないことをやることはないです。

でも、もし、少しでも「走ってみたいな」「運動したら気持ちよさそうだな」と思ったら、それが始めるきっかけ、最初の一歩だと思います。

もしかしたら1年後、私のようにフルマラソンを走っているかもしれませんよ?

 

draw your life! ともきっくでした。

 

▼ミニマリストランナーが気になるトラコミュ▼

走る☆ジョギング・ランニング

ミニマリストな生活&シンプルライフ

シンプルで豊かな暮らし

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活