読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

手放したテレビを買い直しました。

ミニマリスト

常々公言していますが、私はテレビを観ることが好きです。

【過去記事】やっぱりテレビが好きっ!気になる2016年秋の番組改編 - 風街BREEZE

3連休中、勢いに任せてテレビを買いました。

 

テレビを手放した理由

そもそも、そんなにテレビが好きなのに、なぜテレビを手放したのでしょうか?

【過去記事】テレビがない部屋でも楽しめる 壁掛式Bluetoothスピーカーはオススメ! - 風街BREEZE

5年在籍した前職のオフィスでは、一日じゅうラジオを流していました。

ラジオ番組の企画の仕事も担当したこともあって、自宅でもラジオを聴くようになり。。。

映像を見ないと理解できないテレビと異なり、ラジオは作業をしながら音声を聴き取れることもあって、BGMとしても、情報収集ツールとしても万能。

いつの間にかテレビから遠ざかり、ラジオだけで生活したいと思うようになったこと、モノとしてテレビを持っていることが嫌になって手放しました。

 

テレビを買い直した理由

もちろん、ラジオは私にとって欠かせないもの。

特に音楽に関する情報は、ラジオを聴いていればかなり収集できます。

私が勢いに任せてテレビを買った理由、それは

www.tbs.co.jp

星野源出演のドラマが観たかったから!

 

3lion-anime.com

「3月のライオン」のアニメを観たかったから!

 

www.tv-asahi.co.jp

さまぁ〜ずが好きだから!

 

こればかりはラジオではどうにもならない。

もう、ホントに勢いで買いました。

 

自分にとって必要なモノは自分にしかわからない

テレビを買った当日は、接続してからずっと付けっ放しで見ていました。

でも次の日になれば、朝からラジオを付けて掃除などの家事をして、本を読んだりブログを書くときはラジオを消していました。

見たい番組はテレビと一緒に買ったHDDに予約録画していたので、結局一度もテレビは付けず。

いつの間にか、ダラダラとテレビを見る癖はなくなっていました。

モノを手放すのも勢いに任せるところがあって、その一歩を踏み出すのって難しい。

それって「いつか必要になるかも」って思うからですよね?

でも必要にならないかもしれない、なくても平気だったりする。

極端な話かもしれませんが、モノは一度手放してみないと必要かどうかってわからないんです。

テレビのような大物は、手放すのも買い直すのもひと手間かかります。

それでもまた手に入れたモノこそ、自分に必要だと思ったから。

結局のところ、自分にとって必要なものって自分にしかわからない。

それでも手元に戻ってきたテレビって、私には必要なモノ、なのかもしれませんね。

 

draw your life! ともきっくでした。

 

▼ミニマムライフが参考になるトラコミュ▼

ミニマリストな生活&シンプルライフ

シンプルで豊かな暮らし

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

少ないモノで暮らす

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし