読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

"手ぶら"が基本のミニマリストが所有するバッグ公開

8月もそろそろ終盤戦。今月もブログやtwitterで交流のある方とお会いする機会がたくさんありました。

フェスやBBQ、ゲストハウスオフ会などなど場所や内容は様々ですが、そんなときでも私の荷物はコンパクト。目指すは"手ぶら"です。

 

持っているバッグは用途に合わせた4種類

使い勝手とデザインが決め手の通勤用バッグ
<ORCIVAL ミニトートバッグ>

f:id:dj_tomokick:20160825112435j:plain

【参考記事】【持ち物公開】半年後の通勤バッグの中身はどうなった? - 風街BREEZE

ヘビーローテーションで使っているトートバッグです。1年ほど前にB-shopで買いました。今でもこのサイズが販売しているかわかりませんが、たまにB-shop以外のセレクトショップで見かけます。

コンパクトなのにマチがあるので、お弁当箱や水筒も入ります。

デメリットは

  • A4サイズのファイルは両端が曲がってもよければ入る
  • macbookAirは11インチでも縦に入れないと入らない
  • 内ポケットがなく、ボタンやファスナーがないので中身丸見え

といったところでしょうか・・・。

一目惚れしたレコード用トートバッグ
<パイドパイパーハウス限定トートバッグ>

f:id:dj_tomokick:20160825113500j:plain

【参考記事】【実家帰省時のカバンの中身公開】実家に帰省するときこそ、荷物を見直すチャンス - 風街BREEZE

最近ではORCIVALの次によく使っているバッグです。このトートバッグはものすごく使い勝手がよいんです。

  • レコードが入るサイズになっている
  • 底にマチがついている
  • 肩に掛けられるように持ち手が長めになっている

打ち合わせなどで書類やパソコンを持ち歩かなければいけないときに重宝します。もちろん、中古レコードショップ巡りをするときには欠かせません。

涼しくなったら通勤ラン再開だ!
<MILLET トレイル用バックパック>

f:id:dj_tomokick:20160825114908j:plain

【参考記事】【#Run】ミニマムランニング部発足 - 風街BREEZE

通勤ランをしたくて購入したバックパックです。

Millet : PRALO 14 - プラロ 14 - MIS0550

14リットルなのでちょっとしたトレイルやハイキングにも使える優れもの。

  • ポケットがたくさんあって収納力もバツグン。
  • 胸部分で留められるベルトがあって、走っても揺れずに安定感がある。

2〜3泊旅行の荷物が入るのにも関わらず、このコンパクトさ!アウトドアブランドのリュックは本当に使えますねぇ。

 

私のポケット代わりとして活躍してくれるポシェット
<Coleman ショルダーポーチ>

f:id:dj_tomokick:20160825120108j:plain

【参考記事】【夏フェスの持ち物公開】屋外イベントこそ荷物を最小限にして身軽になろう! - 風街BREEZE

夏フェス参加で慌てて購入。ちょっとしたお出掛けに使えそうです。

なるべく手ぶらで外出したいのですが、ジーンズのポケットに入らないものがどうしても出てきてしまうんですよね。でもこのポシェットがあれば、その悩みもなくなります。(ちなみに持ち歩きたいものは、胃薬と頭痛薬です。え?飲酒対策です)

 

まとめ:荷物を減らしたい人は○○を小さくしてみる

「荷物は減らしたいけれど、小さな子どもがいるから無理!」

「外勤で営業まわりをするから、書類やパソコンは絶対必要!」

その気持ち、十分わかります。

もしあれがなかったら、これがなかったら・・・、その不安な気持ちがモノになって荷物になっていく。だんだん荷物を入れるバッグが大きくなっていく。不安な気持ちとモノって比例しているんだな、って思います。

中身を減らせない、絶対必要!と思うならば、バッグを小さくしてみてはいかがでしょうか?

いきなり私のように小さなバッグを持つのではなく、一回り小さくしてみる。そうすると入りきらないモノが出てきます。そうやって少しずつ分別していく。

部屋の片付けと同じで、バッグも自分の空間の一つ。いつも持ち歩くものだからこそ、定期的に見直したいですね。

 

draw your life! ともきっくでした。

 

▼ミニマムライフが参考になるトラコミュ▼

ミニマリストな生活&シンプルライフ

ミニマリストの持ち物

シンプルで豊かな暮らし

スッキリさせた場所・もの

少ないモノで暮らす