読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

約6年間続けた趣味を手放そうと思った理由とは?

golf ミニマリスト

なかなか答えにくい質問の一つ、「趣味はなんですか?」

私はランニング、読書、ゴルフと答えてきました。その中の一つ、ゴルフに関しては毎週1時間半のレッスンを受けていて、約6年間ゴルフスクールに通っていました。

その成果といってよいのか、飛距離は女性ゴルファーの平均値より少し長く、スコアも同行者に迷惑をかけない程度の数字、110〜120をウロウロという感じでしょうか。

毎年年末はクリスマスにゴルフに行く、という行事があったのですが、昨年末私はNYに行っていたのでその行事もなく、年が明けてもコンペなどのお声がけもないままに2016年が半分過ぎ、フト思ったのが「ゴルフ、止めようかな・・・」でした。

 

理由①:お金がかかる。時間が取られる。

f:id:dj_tomokick:20160803092034j:plain

ゴルフはお金がかかります。

1回コースに行くのに2万円以上は取られる。ウェアやボールなどのグッズ類を揃えなければならない。移動も電車で最寄り駅に着いたらタクシーということもある。大きなキャディバッグを抱えていくのは大変なので、宅配便を使うこともある。ゴルフレッスンはもちろん、打ちっ放しに行くにも5千円から1万円はお財布から消えてしまう。

時間も取られます。

コースを早朝からラウンドするのは、夕方になって日が落ちるとボールが見えなくなってしまうから。となると、必然的に朝が早くなる。移動も含めたら、3時4時起きなんてよくあること。丸1日ゴルフで時間が取られます。

 

理由②:これ以上の上達が見込めない

f:id:dj_tomokick:20160803092106j:plain

世のおじさまたちがなぜあんなにも毎日毎週のようにゴルフ通いをするのか、ずっと理解できませんでした。でも、今ならわかります。

ゴルフは練習すればするほど上達しますが、その人のセンスによる部分もある。とにかくあの小さな穴に、少ない打数でボールを入れるというだけの話なので、フォームが悪かろうと少ない打数でボールを入れたら勝ちなのです。

私は完全な初心者でレッスン通いを始め、忠実にコーチの言うことを守ってきたのでフォームはキレイです。飛距離もあります。

でも一番苦手なのがグリーン周り。パターで小さな穴に入れるまでが長い。「パターはセンスだ。とにかく練習あるのみ」と言われたときに、「あぁ、なんか面倒だな」と思ってしまったのです。

 

理由③:モノが多くてかさばる

一通りゴルフに関するものは揃えてきました。クラブセットも持っているし、ウェアも春夏・秋冬用でそれぞれ2セットずつあるし、シューズやらなんやら・・・、とにかくモノがたくさんありすぎる!!!!

f:id:dj_tomokick:20160803090321j:plain

「もうやめる!」と思ったときにはすでに、ゴルフグッズ買取り業者に問い合わせていました。

 

まとめ:自分がやりたいのではなく、人に合わせた趣味だった

ゴルフを始めたきっかけは仕事で、取引先の人とのコンペに出るためでした。女性が一人でもいると盛り上がる、というだけの話。

その後もゴルフは続けたし、楽しかったけれど、結局ものすごくやりたかったか、と言われるとそうでもなかったというのが本心です。

ゴルフに行くお金や時間、ゴルフグッズを置く場所は、他のことに費やしたい。ただそれだけのシンプルな理由から、私は趣味を手放すことに決めました。

皆さんの趣味は、本当に自分がやりたいことですか?

 

draw your life! ともきっくでした。

 

▼ミニマムライフが参考になるトラコミュ▼

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

断捨離でゆとり生活

シンプルで豊かな暮らし