読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

ベッドからエアリーマットレス生活へ。快適なのは寝心地だけじゃない。

ミニマリスト

エアリーマットレス生活になって1ヶ月が経ちました

ベッドを処分し、ミニマリストの代名詞でもあるエアリーマットレス生活に切り替えてから1ヶ月が経ちました。

dj-tomokick.hatenablog.com

物心ついたときからずーっとベッドで寝ていたので、床に寝るのは修学旅行以来!?寝ることが三度のご飯よりも好きな私の、エアリーマットレス生活についてご紹介します。

 

就寝タイムのメリハリがついた

f:id:dj_tomokick:20160705085823j:plain

エアリーマットレスの使い方がイマイチわかっていないのですが、ボックスシーツを付けています。なんとなく、そのまま寝転ぶのは気が引けたので・・・。シーツは週に1回、枕カバーと一緒に洗濯します。

枕カバー、シーツ、毛布は無印良品です。(調べたら、この毛布は今売ってないようです・・・)

私の部屋は6畳程度の1Kなので、エアリーマットレスを敷くと、部屋のほぼ半分が占領されてしまいます。でも、このことが私にとって新しい発見になりました。

あらまぁ、寝室に早変わり!!

今までは、テーブルやベッド、テレビが一つの部屋にまとまっている中で生活していました。

でも今はベッドがない。寝るためにはマットレスを敷かなければならない。

ちょっとひと手間かかりますが、マットレスを敷くことで起きている時間と寝ている時間のメリハリがつくことを発見。ダラダラと寝て、起きて、ということがなくなりました。

 

モノがないから部屋の風通しがよくなった

f:id:dj_tomokick:20160705085625j:plain

マットレス使用後の風景。厚みがあってほどよい固さがあるので、立て掛けることができます。なので部屋の端に置いてもスペースを取りません。

クローゼットの中身がもう少し整理できれば、マットレスを収納できると思うのでチャレンジしてみたいです。

いや〜、モノがないと本当に部屋の風通しがいいです。

マンションってどうしても熱がこもりやすいので、仕事から帰ってくると部屋の中がモワッとしているんですよね。

窓を開けてサーキュレーターを付けたら、すぐに空気が循環されて居心地のよい空間になります。

モノがないから殺風景なのではなく、モノがないからこそそのときの生活にフィットした暮らしができるし、気分の切り替えができる。自分が思う快適な空間を描けるのが、モノのない生活の醍醐味なのかもしれません。

 

draw your life! ともきっくでした。

 

▼モノがない生活が参考になるトラコミュ▼

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

もっと心地いい暮らしがしたい

暮らしを楽しむ