読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

いい靴は、素敵な場所に連れて行ってくれるの?

ミニマリスト

f:id:dj_tomokick:20160621072531j:image

タンドリーチキンは裏切らない。インド・ネパール料理屋に必ずある窯こそ、その象徴。ナンも美味しい。

 

大量の靴は努力の結晶

ミニマリストの皆さんのブログを読んでいると、昔は洋服はもちろん靴をたくさん持っていたことが話題に上がりますが、私も例に漏れず大量の靴の持ち主でした。

特に女性はパンプス、ヒールのある靴についてはこだわらずにいられない、というか一つ自分の足にぴったり合う靴が見つかったならば「この棚にある同じ靴、全てくださるかしら?」と言ってしまいたくなるくらい、シンデレラ並みに自分サイズの靴を探すのが困難。

世の男性の皆様、彼女や奥様が大量の靴を保持していても、温かい目で見守ってあげてください。その靴たちは、努力の結晶。合うと思って買ったのに、アチコチが痛い…。足を靴に合わせるために、靴ずれしようが足が攣ろうが顔では笑って心では泣いているんです。

「値段が高かったのに、デザインが素敵なのに、なんで私の足に合わないの!!」

今すぐ履いていた靴を投げ飛ばし、裸足でダッシュしたくなるくらい、合わない靴ほど女性を悲しませるものはありません。

 

迷える子羊がたどり着いたのはスニーカーでした

男の子になりたい宣言をした私も、一応ヒールの高い靴を履いていた時期があります。ただ、重度の外反母趾持ちであるために長時間ハイヒールを履くと頭痛がするのと、足の皮が薄いのかすぐに靴ずれが出来てしまうため、足に合うヒールを探し求める前に早々に卒業しました。

そこでたどり着いたのが、スニーカー。

限定デザインやらコラボスニーカーやら、今しか手に入りませんと煽られた靴たちで玄関を埋め尽くし、毎日履き替えても1ヶ月に1度も履かない靴があるんじゃないか?くらいの量を保持。ハイヒールを履けない悲しみをスニーカーにぶつけて数年、やっと最近、こんなことを繰り返していても仕方がない…と悟りました。

 

それでも靴は気分がアガる

今の家の下駄箱は小さなスペースなので、ここに入る量だけを持つようにしています。

f:id:dj_tomokick:20160621080459j:image

棚の高さは調整出来るので、一番下はブーツ用に少し高くしています。

f:id:dj_tomokick:20160621080719j:image

左上から

  1. NIKE エアリフト
  2. NIKE ズームペガサス
  3. velikoko パンプス
  4. TATAMI サンダル
  5. PUMA ゴルフシューズ
  6. asics ランニングシューズ
  7. ILSEJACOBSEN レインブーツ
  8. madewell ショートブーツ

最近までズームペガサスしか日常に履く靴を持っておらず、帰宅ラン用も兼ねていたために早く傷んで履き潰す勢いだったので、エアリフトを追加購入。実は今、NIKEプレストのリデザインモデルが発売になってちょっとウズウズしています…。

パンプスは冠婚葬祭用なのでまだ1〜2回しか履いてない。サンダルは去年セールで買ったけれど裸足で履くと靴ずれするからあまり履いておらず。この中で一番履いているのがランニングシューズという事実…。

エアリフトを買って改めて思いました。

「お気に入りの靴は履いているだけで気分がアガる」

フランスのことわざ通り

いい靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる

だから、街中でハイヒールを履いて颯爽と歩く女性を見ると、ハイタッチして応援したくなる。自分に合う靴を見つけ出したならば、どんな困難も乗り越えられる。ちょっと大袈裟かな?

 

draw your life!  ともきっくでした。