読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【#book】頑張って生きたと言える一日<疲れた日は頑張って生きた日>

book

 はあちゅうさんの言葉の選び方が好きで、やっぱりそれは誰よりも言葉を浴びて、言葉を吸収し、言葉を吐き出しているからだと思う。

「疲れた日は頑張って生きた日」、なんて素敵な言葉なんだろう。

でも、私は、頑張って生きているのかな。疲れたって思うけれど、それはどちらかというと自分自身に疲れているのかもしれない。日々クルクルと変わる感情、気分に振り回される自分。もういい加減にしてくれよ、と思う。

だから、だから私はモノを減らす。ミニマリストでいたいと思う。せめて、モノには振り回されずにいたい。自分をしっかり掴むまで。

疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記

疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記

 

疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記
心に残ったフレーズ5選

【1】p18

30秒でパソコンを開いたり、10秒かからない「愛してる」や「結婚しよう」を言う。
そんな些細なことで、人生はぐっと加速するのに、些細なことほど勇気が必要だったりして、人間って複雑だ。

大抵のことは、着手してしまえばすぐに済んでしまう。立ち止まれば立ち止まるほど、考え込めば考え込むほど停滞して、溜まって、淀んでいく。

モノを手放す次の段階は、ココロを手放していくステップへと進んでいきたい。思い込みや価値観なんてものは、どんどん手放していった方がいい。そのときに思ったことはどんどん伝えていった方がいい、行動した方がいい。

と、思いながらLINEアプリを開いて、考え込んでしまう。ホント、些細なことほど勇気が必要だ。ポチッとするだけなのに。

 

【2】p48

言葉が無ければ
考えは考えにならないから、
考えたり伝えるのが苦手な人が
まずやるべきことは、
言葉のバリエーションを増やすこと。

 考えることだって言葉が必要だ。ぐるぐると頭を駆け巡るのは言葉。生まれてからずっと使っている日本語なのに、時として「これは何て言ったらいいんだろう?」と思い悩むことがある。言葉のインプットとアウトプットが足りないんだ。いつもどこかで不安なのは、言葉のバリエーションが足りないってわかっているから。

日本語さえもロクに話せないのに、外国語なんて無理だ、と思っていたけれど、むしろ別の言語の表現方法を知ることって大事なことなのかもしれない。

 

【3】p119

自信が無いから
何も出来ないなんておかしい。
自信が無いなら
自信つけるために
もっと頑張れ。

 はあちゅうさんの、こういうところが好き。「もっと頑張れ」(笑)

 

【4】p140

恋愛で自分がみじめな思いをしないためには、
相手のために自分の行動や考えを変えない、
電話やメールを待たない、
相手の夢と自分の夢を重ねない、
身の丈を超えたお金を使わない。 

今まで、相手に合わせることが最上級の愛情だと思っていたんだよね。相手の思うように染まっていくと、気づくと自分が何者かわからなくなる。好きな食べ物やファッション、音楽、本、見るもの、聞くもの全てが相手に同化していく。時々、自分は何でできているんだろう?と思う。みじめだとは思わないけれど、虚しいかもしれない。結局、そういう自分が好きなんだよね。バカバカしいけど。

 

【5】p182

気持ちは表現しないと、
相手にとっては
無いのと同じ。 

「言わなければよかった」と思うことって多々ある。余計なこと言っちゃったなーって。いや、むしろそれさえも忘れていることがある、お酒に酔った次の日の朝。

頭の中がパカッと開いて、自分が思っていることが全部何も言わなくても伝わっちゃったとしたら、それはそれでマズイけれど、黙っていたって何も始まらないんだよな。

やらない後悔より、やった後悔の方がいい。

そうなのか?

 

まとめ:
ベロベロに酔った日でも、それが私の生きた軌跡

地元に帰ったと風の噂で聞いていた知人が、一度辞めたところに戻って再スタートしていることを知る。その話を聞いたとき、動揺してしまって夜眠れなくなった。

ずっと諦められなかったんだ。全部捨ててでも、やりたいことを形振り構わずやることに決めたんだ。

情けないなぁ、私。何やっているんだろ。

チャレンジしようともしなくて、参加しようともしなくて、タイミングだとか運だとか縁だとか自信がないだとか、できない理由を並べては、一心不乱に頑張っている人を横目に誤魔化して、逃げてきた。

出来る人の後ろで、出来るフリして外野でギャーギャー言って。気づいたら何にもなくなってた。

「頑張ってなんかない。もっと頑張れたかもしれない」

一日が終わると、いつもそう思う。

だから、小さな出来ることを積み重ねていくしかないんだ。自分は自分が思っているほど出来ることなんてないんだから。もう逃げるのだけは止めよう。それが、私の生きている軌跡だ。

疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記

疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記