読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【#ミニマリスト】結婚したら仕事を辞めるの?

ミニマリスト

f:id:dj_tomokick:20160526145059j:plain

帰宅ランも3回目にして慣れたものです。観光客や修学旅行生の目も気になりません(嘘)。豊洲市場も11月オープンに向けて整備が進んでいますよ〜。

 

私が稼ぐよ、と言えるか否か

最近改めてtwitterって面白いなと思っていて、暇さえあればTL追っかけているのでそろそろいい加減デジタルデトックスなり、制限するなりしないといけませんね。

絶賛独身街道まっしぐらの私が、結婚相手について語れる立場にないことは重々承知の上での今回の話です。

そのtwitterで、男性が低収入でも結婚するためには、みたいな話と意見があって、ふむふむと皆さんのご意見を見て思ったことです。

「私があなたの分まで稼ぐよ」と言えるかな、と。

んんんん〜。わからん(笑)言えるかな、どうだろう。わからん。

100%私に委ねられたらキツイかもしれない。それは逆を言うと、私も相手に100%収入面で頼らないようにしたいな、とは思っていますが。

自分一人が生活できるくらいの費用は自分でどうにかしたいし、相手にもそれは求めるかもしれない。お互い最低限の生活が出来ればそれでいいんじゃん?とは思いますが、それだったら結婚しなくてよくね?って話になるから、今書いていて自分でも整理できなくなったよ。

一人で、というよりも二人でどうにかしようぜ!っていうのがいいんでしょうね、きっと。

いや、でも変な男気がムクムク顔を出して、「おっしゃ、私がどうにかしてやるぜ!」って言うかもしれないし、言わないかもしれない。

 

何のために仕事をするのか、という話

私自身が仕事をすること自体、厭わないというか、やりたいことを仕事にしているし、運と縁のおかげでもあるけれど、嫌なことやツライこともあるし、こんな仕事辞めてやるわ!と思ったこともあるけれど、仕事は好きです。

だから相手にも仕事は好きでいてもらいたいし、積極的に仕事に取り組んでいてほしい。

もし、私に選択肢というものがあり、選ぶことができるのであれば、同業の人とのお付き合いはできないです。過去の経験上。どんなに頑張っている人でも、私、張り合っちゃうんですよね。絶対負けない、私の方が仕事できるってなっちゃうので。私がたどり着けないくらいの力のある人だったらそもそも張り合えないけど(笑)

自分が全く知識のない仕事をしている人の話は聞いていて本当に面白いですね。私が今就活生だったら、いろんな業種の説明会に行くのになぁ。

 

私の亡くなった父親のことについては、命日のときに改めてブログに書こうと思っているのですが、ちょっと難のある人で、一時期母親が家族の生活をどうにかしていた時期があります。なので、やりたいことを仕事にすることも、やりたくないけれどやむを得ず仕事をしなければならないことも、理解しているつもりです。

何のために仕事をしているか、なんて質問は野暮かもしれないけれど、収入うんぬんよりも今やっている仕事を一生懸命取り組んでいる姿の方がよっぽど魅力的だと私は思っています。

 

結婚しても仕事は辞めないよ

とはいえ、やっぱりどこかでたまに思うんですよね。

「あ〜、仕事を辞めて誰かに養ってもらいたい〜」と。

ちょっと待て、それを言えるのは20代までだ。30過ぎるとそんなことを言っていられない。もはや頼るのは自分だけだ。親も年だし。頑張れ、私。

だからこそ、何かあったときにいつでもどこでも動けるようにしておきたい。その何かが結婚ということもあるわけですよね。

その点で言えばミニマリストでいることで、そのフットワークの軽さと自由はある。仕事も、まぁ、なんとかなるでしょう、という楽観的な気持ちも手に入れた(笑)

なーんてね。書いていて恥ずかしくなってきたので、今日はこれにて。

 

draw your life!

ともきっくでした。