読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【#Book】温かいチャイと共に心を温める <とにかくウツなOLの、人生を変える1か月>

book

はあちゅうさん初の小説本と聞いて、是非とも紙の本で買いたいと思っていたのですが、amazonでも売り切れ状態が続き、書店でも置いていなくて、しばらく待っていたのですが待ちきれず、kindleで購入。

ざっくり言うと、OLの奈緒がメンタルジムのカウンセラーであるヒカリのアドバイスによって、人生が変わっていく、という話です。

サクッと読めて気分が上がります。なーんかモヤモヤするなぁ、気分を変えたいなぁというときにオススメ。

紙の本は装丁が凝っているようなので、書店で見つけたら手に取ってみたい。

とにかくウツなOLの、人生を変える1か月 (角川書店単行本)

とにかくウツなOLの、人生を変える1か月 (角川書店単行本)

 

 

とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月 心に残ったフレーズ5選

【1】

自分が決めたことができなかったのなら、それは自分の責任だ。

えぇ、もうその通りなんですけどね(笑)

「こうなりたい」って目標に向けて頑張るのも頑張らないのも、そもそも目標を立てるも立てないも自分の意志あってのこと。

誰のせいでもない。

仕事もプライベートも、やりたいこと、変わりたいと思うことがあれば、できるんですよ。自分が思っているほど難しいことじゃなくて。

明日北海道行きたいって思えば行けるし、印象を変えたいと思うんだったら髪切るとかそんなんでも変わるんです。

やるかやらないか、ただそれだけのこと。

決めたことができないのも、自分がやらなかっただけで、一歩だけでも半歩でも前に進めばできてしまう。

頭でウンウン考えていても何も動かない。むしろ頭で考える前に動き出してしまうくらいの前のめりさでいたい。

 

【2】

他人にどう思われるかなんていう他人の評価ではなく、自分がどう思うかの自分の評価軸を決めなくちゃダメ。

相手にこんな風に思われたら嫌だなってことは、自分が相手に同じことをしたら嫌だってことなのかなって思うんです。

「自分だったらどう思うかな」っていう問いかけは必要で、でも実際相手がそれでどう思うかはやってみないとわからない。

今までずっと人の顔色ばかり伺って生きてきたな。

相手の言うことを聞くことは楽だから。そうじゃないのに、と思っていても心で愚痴って蓋をして、勝手に我慢して人のせいにしてきた。

もういい加減そういうのはやめにしよう。

 

【3】

思い込みを捨てて、シンプルに、自分に聞いてみて。気持ちや行動の裏には必ずなぜそうしたかという理由が必ずあるわ。それを、なぜ?なぜ?って何度も何度も自分に問い直すの。これからは、頭じゃなくて、心にもっと注目してあげて。自分のことを知らない人って、自分と会話してないことが多い。

自分のことを知らない、どうしたいのかがわからない。自分の中心軸がなくて、どこに向かっているのかがわからない。

何かしたいって思っていても、それが何のためになるのか、現状が嫌で逃げ出したいだけなんじゃないか、とか。結局何もしなくてズルズル毎日が過ぎていく。

今の仕事に不満があるわけじゃない、むしろ自分の好きなように好きなことができている。なのに、何か変えたいって思っている自分がいる。

ここにいても、できることってあるのかもしれない。

最近そう思うようになりました。環境を無理に変えてまで、変えたい何かなんてない。常にご機嫌でいる方法なんて、いくらでもある。

 

【4】

努力は一瞬ではなく、し続けなければいけないんだって身に染みて学んだ。大切なのは、それでも自分がその場所にい続けたいかってこと。

いつまでこの仕事を続けられるだろう。と思った時期がありました。

独立して5年経ち、仕事も一時期から比べると落ち着いていて、自分なりの仕事の仕方も身についてきた。だからこそ、このままでいいのかと強く思っていました。 

でも私、広告のことなんて何一つわかっちゃいないんですよ。世の中に溢れている情報さえも掴みきれないでいる。

一時期、賞を取りたいって思っていて、広告関係の雑誌にクレジットで名前が出ることを目標にしていたけれど、それもいいやってなっちゃったし。

やりきった、なんて言ったら聞こえはいいけれど、居続けるための努力をしないままだったなって。

仕事だってそう、なんだってそうだ。その場所にい続けたいか。そのための努力を続けているのか。

もういい加減、逃げるのは止めにしよう。ずっと逃げてきたこと、一つずつ向き合っていく。

 

【5】

家に帰って、まずはお風呂を洗って湯船にお湯をいれる。コツは、お風呂に入ろう、と思う前に、お風呂を用意しておくこと。

寂しいと感じるとき。なんだか虚しくて悲しくなるとき。

そういうときは身体が冷えているからだって何かの本で読んだことがある。身体を温めるだけで鬱症状を軽減できるって。

がらんとした1Kの部屋に一人、寂しくないかって聞かれたら、そりゃ寂しいですよ。

だから私は湯船に浸かるんです。本を読みながらたっぷりと。

寂しいと感じるときは、温かい飲み物を飲むのもいい。

本の中でもいろんな温かいお茶が出てくる。チャイとか。

お腹がホッコリ温まったら、なんだか気分も落ち着いてくる。

だから私は一人でお酒を飲まないようにしている。冷たいビールは、人と飲むのは爽快だけれど、一人で飲むとあんまり美味しくない。

ていうか、湯船じゃなくて、芋焼酎お湯割りじゃなくて、誰かに暖めてほしいわ(笑)

 

まとめ:
自分の気持ちに正直になって、向き合ってみない?

今まで自分の気持ちに正直に生きてきたか、と聞かれるとそうでもないことに気づく。

自分の人生だけれど、家族や友人、仲間、恋人に翻弄されてきた。

でもそれは自分が決めたこと。

楽して、何にも考えないで、憧れとか羨望とかそんなものばかりに目を向けてきた。

自分がどう見られるか、そんなことばかり考えてた。

ブログを始めて、いろんな人に出会うきっかけができて、いろんな考えに触れる。それは本を読んだりするだけでは感じ取れないこと。

たったそれだけのことで、自分がどう思って生きてきたのか、嫌なことも良いことも向き合えるようになってきた。

本当は自分はどう思っているのか。

ポツリポツリと言葉にするだけで、人生は変わる。

リュック一つでどこでも行けるし、誰かに会いに行ける。

2016年ももう少しで半年経つけれど、なんだかものすごく濃密。

とにかくウツなOLの、人生を変える1か月 (角川書店単行本)

とにかくウツなOLの、人生を変える1か月 (角川書店単行本)

 

 

draw your life!
ともきっくでした。