読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【#自分ゴト】自分らしく生きるって何だろう?

f:id:dj_tomokick:20160423074115j:plain

過去の写真を整理してきて見つけた。
2014年夏の写真。
知人が表参道スパイラルでお店を開いて
そのオープニングパーティ、だったと思う。
アナログレコードの販売をしていて

ボビーコールドウェルのレコードを
500円で買った記憶。

 

久々にセミナーに参加してみた。

GWの平日、休もうと思ったときに限って
新規案件が3件も舞い込む奇跡!
そしてどれもGW前か後の提案・・・。
という最中、ダッシュで仕事を終えて
久々にセミナーに参加してきました。


今回はコチラ▼

ニューヨークへの旅行や留学、移住などに関する情報を提供している
WEBメディア「NEW YORK POINT GUIDE」の運営をしている
Maksimさん主催のセミナー。

昨年末にNYに行く際、いろいろ情報を集めていて
たどり着いたのがNYPGのページ。
現地に住んでいる人ならではの情報が満載で
参考にさせてもらっていました。

今でもちょこちょこチェックしていたところ、
日本に戻ってきていたMaksimさんが
そろそろNYに戻ってしまうとのこと。
その前に、女性限定のセミナーを開催すると
告知があったので、勢いで申込み! 
ちゅうつね以来のセミナー参加です。

人間関係に影響しているのは"心の持ち方"

一人目は、五郎丸選手が紹介したことで有名になった本の
考え方を日本に広めるコンサルタントの方のお話し。

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (421件) を見る
 

細かい話はきっとこの本に書いてあるようなのですが、
人間関係についての心の持ち方には2つあって、

1つは、人を人として見る思いやりの心
もう1つは、人を物として見る抵抗心

人はどこかで「人を物として見る抵抗心」を持っていて、
・無関心
・便利な道具
・邪魔なもの
この3つの視点から人を見ていることがある。

人間関係が上手くいかない、というときは
心の持ち方を変えるだけで解決する、
といった話の内容でした。

この話を聞いていて、
何だかミニマリズムに通じるな、と思っていて。
「人を物としてみる抵抗心」の3つのことを
実際に、モノを減らすという行動を起こすことで
自分の中から排除していっているんだな、と。
だから、考えがシンプルになったり、
相手の意見を受け入れられるようになるんじゃないのかな。
素直に「人を人として見る思いやりの心」で人と接するから、
人間関係もおのずとシンプルになってくる。

これはムムム!ですよ。
「話の続きは本で・・・」と言われたので、本を読みます。

 

自分らしく生きる=自分が好きなように生きる

次の登壇者はMakismさん。
MakismさんがNYで活躍する日本人や
NYを含む諸外国に行ったことから見える日本の姿を通して
「自分らしく生きる」ことについて話してくださいました。

心に響いたフレーズを箇条書きで。

  • 英語はちゃんと話せなくてもいい。伝わることが大事。
  • 英語ができることで、国内で働ける場所が確保できて、
    外国から仕事を持ってくることができる。
  • 時代が動いているからこそ、生き方も変えるべき。
  • 自分の価値観を小さくしている"固定概念"をぶち壊す

そりゃー、1・2週間海外に旅行に行ったからって
人生変わることはないんだけれど、
滞在先で遊ぶ中で、驚いたり、謎に思ったことを
どれだけ自分の中でアウトプットして昇華できるかが
大事なんだと思う。
案外、小さなことが自分の固定概念を壊せるから。

自分らしく生きることが難しいのは、
「でも自分は出来ない」という固定概念が壊せないからで
そこを壊しちゃえばいいんじゃない?というお話し。

最近私も、「○○したいけれど無理だな・・・」って思った時
「なんで無理なんだろう?」
「どうしたらできるだろう?」
って考えるようにしてます。
実は相手を気にしていて、自分の行動を狭めていたり、
ちょっと動けばできることを、言い訳してやらないだけだったり。
ちゃんと考える、逃げない。
それだけで目の前の景色がちょっと明るくなったりする。

自分が出来ることで人の役に立つ

最後の講師はビジネスコンサルタントの方が
ビジネスの観点で、自分らしく生きることについて
お話ししてくださいました。

  • 誰かの役に立つ、ということは
    同じ立場にいる人にはすごく価値のあること
  • 自分が出来ることをしっかり、具体的に知ることで
    価値が絞られる

「自分が出来ること」と「それを役立つと言ってくれる人」がいれば
ビジネスは成立する、というシンプルな話でした。

「自分が出来ること」は、自分を見つけること。
毎日自分の新しい面を見つければ、
その分、人の役に立って広がっていく。
そして、もっと自分を好きになる、という仕組み。

ブログって、自分が出来ることを見つけるには最適なツールなのかも。
今更ながらに気付いた私・・・。

 

自分らしさに縛られることもない

自分らしく生きるにしても、
自分らしさに縛られることはなくて
素直に自分が思うように生きられれば、それで十分。

やっぱり人の話を聞くのは楽しいなぁ。
何で今自分がこういうことを考えているのかを
振り返られるし、考えが紐付いたりする。
こうやって振り返る場所もある。

「でも・・・」と思ったら、動いてしまえばいい。
やってみなきゃ、言ってみなきゃ
その先、どうなるかなんてわからないもの。

 

draw your life!
tomokick.でした。