読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【#ミニマリスト】手放すことが目的になってもいいじゃないか

ミニマリスト

食べた記憶がないんだが。
天津飯?
あ・・・キンミヤシロップ割を飲んだ帰りだ・・・。

 

北海道から帰京して1週間

ミニマム文化祭に参加するために向かった北海道。
普通に今、東京で仕事しているのが変な感じ。
1日半くらいの滞在だったけれど
ものすごく濃密で、充実した北海道滞在でした。

▼ミニマム文化祭の詳細は、しずさんのレポがリアルで忠実!

第一回ミニマム文化祭@南小樽 レポ①ゲストスピーカー半分。 - てけれっつのパ

第一回ミニマム文化祭@南小樽レポ②ゲストスピーカーもう半分。 - てけれっつのパ


改めてゲストスピーカーの方や
参加者の皆様のブログを読んだり、
いつもの本屋パトロールをしていて
以前手に取ったものの、買わなかった本もササッと購入。

ミニマリストという生き方

ミニマリストという生き方

 

他にも買いました。
某銀座の大型書店でも、ミニマリストコーナーが出来ていた。
おふみさんの本を探していて見つけましたよ。
「くらしラク〜る♪」は最後の1冊だったし。

f:id:dj_tomokick:20160415161705j:plain


さぬっふぃー
さんが紹介していた本が売り切れてた!

EAT&RUN

EAT&RUN

  • 作者: スコット・ジュレク,スティーヴ・フリードマン,小原久典,北村ポーリン
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2013/02/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

糖質制限してハーフに出場したら
後半エネルギー切れを起こしてペース遅くなったから
菜食主義の人の身体の仕組みを知りたくて・・・。
amazonで買おうっと。

ひかるさんが紹介していた本のタイトルが思い出せなくて
グーグル先生に聞いたけれど出てこなかった。
検索ワードが、「ほや 脳みそ食べる 本」だったからかな?

メグさんのレポートにありました、ありました。
こちらもamazonでポチしよう。

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

  • 作者: ジョン J.レイティ,エリックヘイガーマン,John J. Ratey,Eric Hagerman,野中香方子
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本
  • 購入: 31人 クリック: 757回
  • この商品を含むブログ (71件) を見る
 

 

モノの価値ってナンダロウ?

改めてミニマリストの皆さんのブログを読んでいたら
「減らしたい欲求」がムクムクしてきまして
メルカリでなかなか売れない商品を勢いで値下げ。
は、早く私の手元から離れてくれ・・・。

一度ブランディアで査定した靴が
数百円の値段が付いたときに
「モノの価値って、人それぞれだよなぁ」
と改めて思いました。
銀座かねまつのパンプスなのにね!


どんなに高価なものでも
人の手に渡った途端、それは中古になって
価値は下がるけれど
ずっと手元にあって大事にしているものは
どんなに安価なものでも
その人にとってはものすごく価値のあるもの。
価値を可視化したものが"値段"なんだろうけれど
そんなものはあくまで目安で、
モノの価値を判断する力
は自分で身につけていかなきゃ
人の言うことや、情報に流される一方だよね。
ま、広告業界に身を置く立場としてはありがたい存在だけど。


1日1回必ず触れるモノ

松浦弥太郎さんの本の中で
彼がセレクトを手掛けているCOWBOOKSを立ち上げたときに
スタッフの皆さんに

「お店にあるモノは全て1日1回触れるようにしてください」

と伝えている、といったようなことが
書いてあったような記憶があります。

本屋や雑貨店は、掃除をしなければ
ホコリがすぐに溜まってしまう。
それは、部屋でもいえることですよね。
家も1日空けただけでも空気が淀む感じがする。
だから、1日1回はモノに触れて、感じること。
汚れや不具合は、触れることで感じられるから。

部屋の中で
1日に1回も触れないモノはありますか?

・・・たくさんありますよね。
「触れないモノ」はずっとそのままだったら?
そんな「触れないモノ」が自分だったら?
とっても寂しい気分になる。
1日1回は大げさでも
1週間、1ヶ月、半年、1年・・・
1度も触れないモノに囲まれていたら
モノからの「寂しい!」コールを
ずーっと浴びることになっちゃう。
自分もモノも苦しい環境です。

一度モノから離れてみたい

手元にあるモノ全てに納得しているか、
と言われると
ちょっとの違和感や不満があったりします。

例えば、北海道に行ったときに背負っていたリュック。
容量もほどよく、見た目も気に入って買ったけれど
使えば使うほどに違和感を感じるようになって
日常使いから1〜2泊用になりました。
だから表に出ることもなく、奥に仕舞い込んでいます。

毎日使っているお財布。
長財布から二つ折りにして約2年になるけれど
なんとも分厚い。
財布は男性のようにジーンズのポケットに入れたりするので
もー、おしりが膨らんでるー。
うっかり衝動買いしちゃったよね・・・。

小さい財布 abrAsus(アブラサス)ブラック
 

使ってみて気づくこともあるからその気づきは大切にしたい。
買い替えたなら、持っているものは手放す。

  • 使って気づいた違和感、不満
  • 気づいたことを解消してくれる新たなもの

これから
この2つについて、ブログに書き留めていきたいと思います。

まずは財布だな、財布。

draw your life!
tomokick.でした。