読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【ミニマリスト】MUJIファンにオススメ「FUKU-FUKUプロジェクト」

ミニマリスト
f:id:dj_tomokick:20160309223250j:image
麹町にある「ソラノイロ」のベジソバ。
夜に食べても後悔しない感じがよい。
ソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム

食べログソラノイロ ソルトアンドマッシュルーム


洋服の処分について考える

モノを減らすのに、
まず最初に手がつけやすいと言われている洋服。
シーズンオフのものや流行が過ぎたもの、
サイズが合わなかったり、傷んでいたり、
いろいろ処分の理由はあるにせよ
ポイポイ捨てるのってどうなんだろう?

躊躇して悩んでいても前に進まないし、
正直エコなことにそこまで神経質でもないし。

なーんて考えたりします。

今回、クローゼットの整理をするにあたり
最近始めた「メルカリ」で
ほぼ未使用の服は出品するなど
”捨てる”以外の方法も選択できるようになりました。

でもさすがに着古した服を
出品したり、人に譲るのは憚られるので
捨てるしかないのかなぁ〜
とちょっぴり複雑な気分に。

リサイクルという方法

前回の記事にもあるように
私のワードローブの8割、9割は
無印良品で出来ています。
歩く無印良品です→言い過ぎか。

縫製はしっかりしているし、
生地も丈夫。
素材も明記されていて、デザインも好き。
定番商品もある安心感。
毎週店舗に通うくらい好きです。

そういえば昔、
無印良品週間のときにハチのイラストのチラシをもらったことがありました。
FUKU-FUKUプロジェクト

無印良品の衣料品、タオル、シーツ、カバー類を含む、繊維製品を回収し、リサイクルするプロジェクト。
以前は無印良品週間のときのみ実施していたのですが、今では常時実施しています。

早速、処分予定だった洋服を持って
店舗に向かいました。

ブランドのコンセプトや志に共感する

店舗のカウンターで
「FUKU-FUKUプロジェクトに洋服持ってきました」
とスタッフの方にお声がけ。
すぐに対応してくださり、
無印の商品か否かのチェックと
MUJI passport会員かどうかを聞かれます。
私はもちろん会員なので
ビシッとスマホアプリを提示。
MUJIマイル1,000ポイントをもらいました。

ほんの5分程度のこと。
洋服を選別して、店舗に行くまでが
なかなか重い腰が上がらないのですが
ポイッと捨てる次のステージは
処分する洋服の行き先について考える
なのかな〜。

私は悩んだらすぐに捨ててしまう、
捨てることに躊躇しないのですが
これって、
何の反省もないし、捨てることが解決になってしまっているんですよね。

先ほど
「エコにそこまで神経質でない」
と言いましたが
自分の都合で何でも捨てていいか、
と言ったらそれは違うと思っています。
出来る限り大事に使いたいし、
十分に使い切りたいです。
そのためのミニマリズムだと考えていて、
必要最低限、自分が管理できるだけのモノを所有することが
環境にもつながるような気持ちでいます。

大事に使いたい。
十分に使い切りたい。

お気に入りのブランドやメーカー、生産者さんのモノなら尚更。
デザインや使い心地は
ブランドのコンセプトや志から生まれるから
共感するほど大事にしたい想いが高まります。

そう思えるものを持つことって
ものすごく楽しくてワクワクすること。
だから、
手放すときのことも考えたい
なんて思えるようになったかな…。

draw your life!
tomokick.でした。