読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【Book】ぬくぬくの布団の中で読みたい <真夜中にシュークリーム>

book

最近ますますファン熱が上がってきた
はあちゅうさんの新刊です。 

真夜中にシュークリーム

真夜中にシュークリーム

 

 2月のちゅうつねセミナーの日が
「真夜中にシュークリーム」(略して#まよシュー)の
発売日だったので
当日、会場で購入、サインもいただきました。

dj-tomokick.hatenablog.com

 一緒に写真も撮ってくださって、
本当に気さくな方です。
声が可愛らしくて、芯があってしなやか。
そういや、2月は2回、
はあちゅうさんの話を聞きに行ってるわ。

dj-tomokick.hatenablog.com

 

真夜中にシュークリーム
心に残ったフレーズ5選

【1】

準備不足のあらゆることを受け入れること。
準備不足でも、やるのかやらないのか覚悟を決めて、
やると決めたら探りながら潔く挑戦すること。

「準備不足だから」と立ち止まっている時間があるなら
失敗しながらでも進む方がいい。
立ち止まって、いいことなんてない。
気になることがあるなら、
ちょっとでも心がざわざわするなら、
飛び込んでみる、動いてみる。
探りながらでも、まずはチャレンジだ。

準備だってなんだって、
誰もやってくれないし、
お膳立てしてくれるわけでもない。
結局自分でやるしかないし、
自分で決めるしかない。

当たり前のことだけれど、
やってくれないから、準備できてないからって
ボヤいたって何も始まらないってこと。

 

【2】

小説やエッセイを書くときに悔しいのは
「こういう状況(あるいは感情)を示す
適切な言葉があったはず」と思った時に
どんぴしゃな言葉が出てこないこと。

書くことを習慣にする。
アウトプットを常に行う。
頭に浮かんだことを書き出す、文章にする作業。
まだまだ言葉が出る。

目の前にある自分が書いた文章に
「なんじゃこりゃ」と愕然とするし、
「こういうことを書きたいんじゃない」と
テーブルひっくり返したくなることもある。
でも、それが大事なんだ。

自分は自分が思っているほど、
たいしたことない。
もがいて苦しんでの繰り返し。

それを
「褒めてほしい」「労ってほしい」なんてこと
他人に求めるなんて野暮だ。

とにかく書いて書いて形にして
愕然とするしかない。
そこからどうするかが、
自分との勝負だ。

 

【3】

使う言葉を増やせば、
思考力も感情も豊かになると思う

「言いたいことをうまく言えない」というのは、
圧倒的に努力が足りない。

自分の感情や思いを人に伝えることができるのは
自分だけだから。

「言いたいことをうまく言えない」から
自分の気持ちを他人に察してもらおうなんて
他人と自分は別の人間だから、わかりっこないし、
自分の気持ちを人に押しつけるなんて、
反対のことをされたら、絶対に嫌だわ、私なら。

そうなったら、もうとにかく
本を読むなりして言葉を増やすしかない。
自分の気持ちを表現する練習をするしかない。

今の私に足りないのは語彙力。
表現力だけでどうにかしてきた年齢は
とっくの昔に過ぎたのだ。

【4】

それにしても、
人が作ってくれるご飯や人がいれてくれるコーヒーは
どうして、自分で作るより美味しく感じるんだろう。

会食のあと、久々に飲んだ赤ワインのせいか
ひどくだるくなってしまい、
無性に甘くて温かい飲み物を欲して
閉店間際のスタバに駆け込んだ。

小さなカフェモカは
感傷に浸って泣きたくなる私を
ちゃんと受け止めてくれた気がする。

いつか、
人に美味しいコーヒーをいれられるようになりたい。

美味しいと思うものは価値あるものだ、と
共有できたらいい。
そして相手に
「君のいれるコーヒーが一番美味しい」
と言ってもらえるようになりたい。

 

【5】

書くことが好きな人が、
書くことで生きる道を考えるときの
希望になる。

書こうと思えばいくらだって書く方法はある。
表現する場所だってたくさんある。
だから、やってみればいいだけなのだ。

誰かが読むことに意識を持つ。
そうすれば、もう逃げられない。

道はある。
あとは前に進むだけ。
進まないのは、
自分への言い訳と逃げだ。 

 

まとめ:
時に自分を思いっきり甘やかすのもいいんじゃない?

はあちゅうさんは本の中で
「自分を甘やかさないと、
人を甘やかしてあげることはできない」
と言っている。

紹介した文章は
自分に対する戒め、というか
ちょっと厳しいフレーズを求めている、
今の私が出ている感じがする。

あまりね、
「自分はダメ人間で、何も出来ないんだ!」
と卑下したところで
落ち込むし、ネガティブになるし、ふてくされる。

「十分頑張ってるよ、私」
と1日1回、寝る前くらいは
思いっきり甘やかして、
褒めたっていいじゃないか。
という気持ちにさせてくれる
甘味本でした。

真夜中にシュークリーム

真夜中にシュークリーム