読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【#ちゅうつね】セミナーレポート:本の読み方&作り方

ちゅうつね

f:id:dj_tomokick:20160227224159j:plain

花粉重症化のため、メガネなし。
セミナーはいつもの特等席で。
梅木さん、かっこよかったな・・・。
(最近惚れっぽい、私)


2月のテーマのおさらいと感想

2016年2月のテーマは

人生が変わる読書術
〜大人のための「勉強」術〜

でした。

いろいろ課題がある中で今回、
私がとても勉強になったのは

本を読んでブログに書評を書く

を行動したことです。

今まで私は、
本を読みながら気になるフレーズを
フセンなどで印をつけておいて
読み終わったらノートに書き写す、
という方法を取っていました。

でもこの方法、
たくさんのフレーズを書き写すだけで、
書き写す労力がかかる割には
ノートを読み返さない、という
非生産的な作業でした。失敗・・・。

それで今回から、
せっかくブログという場所があるので
ブログで書評を書こう、ということにして
初めて書いたのがこの記事です。

dj-tomokick.hatenablog.com

この記事、
ブログを立ち上げてから
PVのPBを記録しました!(笑)
おかげさまで

「書評書くの楽しい!本読むの楽しい!」

と思えるようになりました。
ありがとうございます。

私の書評の書き方フォーマットは

  • 気になるフレーズを5つに絞る
  • そのフレーズに対しての自分の感想を書く
  • 最後に全体のまとめ

にしています。
少しずつブラッシュアップは重ねていきつつ、
「記事を読んだ人が紹介した本を読みたくなる」
コンテンツづくりを目指していきたいです。

 

誰に需要があるのか
ターゲットを決めること

私、梅木さんてどういう人なのか
前回の脊山さん同様、
あまりよく知らずに参加したんですよね。

家に帰ってからプロフィールを見て、
「あ、そういう人だったのか」
とわかる、という・・・。

今回のセミナーテーマは

「本の読み方&作り方」

梅木さんがゲスト、ということもあって
作り方の話が中心となりました。

まず一つ目、
本やnoteなどコンテンツを作って提供する、
となったときに重要なのは

ターゲットを決める

ということ。

  • どんな人に読んでもらいたいのか
  • その人に読んでもらうにはどういう内容がよいのか
  • 自分が提供する内容はどんな人に刺さるのか

漠然としていても
「こういう人に読んでもらいたいなぁ」
というのはあるはずで
そこを少しでも意識するしないでは
コンテンツのクオリティが変わるんじゃないかな
という気づきがありました。

 

値付けの考え方
いかに高価格帯で売るか

フリマアプリ「メルカリ」にハマっております。

dj-tomokick.hatenablog.com

 この記事でも書いたのですが、

値付けをする

って結構難しいし、考えます。
特に文章や自分の考えって
尚更根付けするのが難しい・・・。

梅木さんは

「価格を下げるのは簡単、
いかに高価格帯で売るかを考える」

とおっしゃっていました。

自分が経験したこと、考えたこと、
時間を使って書いたこと、
それが目の前にあるペットボトルの水より
安い値付けでいいのか?

高価格帯で売るためには
内容の精査はもちろん、
売り方も考える必要がある。

もちろん、100円で売ってもいいけれど
最初からその気持ちでいたら
100円以上の記事は買ってもらえなくなるよね。
自分がそれでいいなら別だけれど
本当は1,000円で買ってもらいたいと思っているなら
内容の価値をわかってもらう努力はしないと
その値段では売れない。

はあちゅうさんも

「noteで売れている人は
身銭を切って、勉強している」

とおっしゃっていたように

  • 自分が売ろうとしているものの相場
  • どういうものなら売れるのか
  • 自分はどういう風に売りたいのか

この3つのことは最低限、考える必要があるな、
と思いました。


最後に・・・
最近、私がよく拾う言葉

「考えているなら、早くやれ」

梅木さんはスピード重視、
PDCAをいかに速くまわすかを考えているとのこと。

いやはや、
この前読んだ

400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術 (幻冬舎単行本)

読み終えた

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

でも書いてあったけれど、
やっぱりスピードって重要なんだなぁ・・・。

経沢さんもね

「人生を豊かにする=いかに時間を有効に使ったか 」

 っておっしゃってました。

時間は有限でみんな平等に与えられているもの。
その中で、どれだけ有効に使えるかが
豊かな人生を生きる分かれ道なんだな〜。

セミナー終わったあと、
その足でヨガに行って、
家に帰って野菜スープ作って食べた。
自分にここちよく、たのしく、ごきげんに。


draw your life!
tomokick.でした。