読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【Book】お金と向き合ってみる? <賢い女性の[お金の稼ぎ方・ふやし方・守り方]>

book

愛読しているブログ、keiさんの「ここちよく流れる」
紹介されていた本がずっと気になっていたので
読んでみました。

賢い女性の[お金の稼ぎ方・ふやし方・守り方]―一生、お金に困らない55のルール

賢い女性の[お金の稼ぎ方・ふやし方・守り方]―一生、お金に困らない55のルール

 

 

keiさんの書評はコチラ ↓

keianju.hatenablog.com

  

賢い女性の[お金の稼ぎ方・ふやし方・守り方]
心に残ったフレーズ5選

【1】

どんなふうに人生を選択していくのか。
それを考えることで、
自分の好きなことが、どれだけお金になるのか、
ならないかということもわかってくるのでしょう。
あなたの好きなこと、才能をお金に換えるという
生き方の可能性も探ってください。

今の仕事に不平不満はありません。
むしろ、とても恵まれた環境・条件のもとで
働けていると思っています。
ただ、5年後、10年後のことを考えると
いくつかの収入源を持ちたいと思っています。

このブログもその一つになれば、
という思いもあります。
私の好きなことから紐付いて考えると
編み物や今日フト思いついた
”カリグラフィーを学んでみたい”
というのもそうです。

編み物もカリグラフィーも共通点は
「細かい手作業」なので
高齢になると続けられないかもしれませんが
私が好きなこと、得意なことが私の才能だとしたら
それをお金に換える可能性というのを
視野に入れて考えてみたいです。

【2】

「これからの人生を、どうプランニングしていくのか」
それをここで考えておかないと、
40代以降にストレスが多くなります。

これまでに身につけてきた習慣、考え方、
生き方をすべて変えていくことは、多くの場合、
痛みを伴います。
本気で変えたいなら、自分と真剣に向き合いましょう。

仕事はもちろん、結婚や出産、親の介護など
そろそろ本気で考える年頃になってきました。

今まで避けてきた「自分と向き合うこと」
私の今年のやるべきことと捉えています。
1年で決められないこともあるでしょうが
ある程度先のことをプランニングする
指標を立てることは可能。

やりたいこととやりたくないことのリストアップ。
やりたいことをやるために
どのくらいのお金・時間が必要なのか、
真剣に考えていきたいと思っています。

【3】

いまの職場で尊重される存在になるには、
自分にできることをすべてやることです。

いまやっているのは、
それが縁のある仕事だからです。
感謝して取り組めば、きっと何かが動きます。

私が十数年携わっている“広告”を取り扱う仕事について
一時期懐疑的になったことがありました。
今でもその気持ちはあります。

なので、
物事を知ってもらう、買ってもらうためにある広告は
世の中になくても困らないものだ、ということを
常に念頭に置いて仕事をしています。

それでもこの仕事をしているのは、
世の中にあってもなくてもいいものが
人の心を揺さぶる
ことにとても魅力を感じているから。

その一端を担うことができていることに
今はとても感謝しています。
少しでも誰かの心を揺さぶること
それは一緒に仕事をする人に対しても同じ。
嫌なことも面倒なこともあるけれど
目の前で起こることに目を背けずに
向き合って取り組んでいきたいです。

【4】

面白い人生を生きたい、
本当の意味で安心感を得たいなら、
自分でお金を稼ぐ才覚を
身につけることを考えましょう。
お金と幸せにつき合うために、
いつでもお金を生み出せる能力を
身につけましょう。

どのくらいのお金と時間があったら
面白い人生が送れるのか、安心感を得られるのか
じっくり考えてみよう、と思ったフレーズです。

本や映画、音楽はお金に制限を決めずに
気になったもの全てを見聞きできたらいいな、
という気持ちがあります。
でもその一方で
なんでもかんでも手を付けて垂れ流しにしたくない
という気持ちもありますよね。

自分の血肉となるように
しっかり吸収できる範囲の中で
いろんなものに触れていきたい。

その範囲がどのくらいなのかを把握して
必要なお金と時間が割り出す。
プラス、お金を生み出せる能力が
備えられていれば幸せに結びつくのかしら。

【5】

自分がやりたいことを
自由に追いかけるという積極的な喜びと、
現状に対して深い満足感を持ち、
感謝できるという内面の幸せ

自分の気持ちをないがしろにしないって
重要なことなんだな。
今まで自分の気持ちにブレーキをかけてきたし
無視して見ないフリをしてばかりだった。

自己中心的とか自分のことしか考えてないって
人から思われたくないと思っていたけれど
果たしてそんなことを言う人が
今までいただろうか?

私は一体、何に怯えていたんだろう?

誰かがいないと不安だったり、
人からの評価が全てだったんだろうけれど
それで私に何が残ったのか、と問いても
なーんにも浮かばない(笑)

やりたいことができて
毎日ワクワクできるなら
もっと自分のことだけを考えていいのかな。


まとめ:
お金と向き合うことは、自分と向き合うこと。

お金はあればあるだけ欲しいとは思うけれど、
宝くじが当選して、何億円というお金が手に入っても
何に使うか浮かばないし、
そんなにいらないや、と思ってしまう。

では、具体的にどのくらいお金があったら
私は満足するのだろう?
と思ったときに、まず考えるのは

今の自分がやりたいこと、やってみたいこと。

それをやるためには

  • 1ヶ月いくら必要なのか。
  • 今の収入で足りるのか足りないのか。
  • お金だけじゃなく、時間が必要であれば
    働く時間はどのくらいにするのか。
  • お休みはどのくらいあればいいのか。

ということを書き出してみる。
そうすれば、今できることもわかるし、
これからやらなければいけないこともわかる。

結局、お金と向き合うって自分と向き合うこと。
それなしには、どれだけお金があってもなくても
何も変わらないし、変えられないんだな。

賢い女性の[お金の稼ぎ方・ふやし方・守り方]―一生、お金に困らない55のルール

賢い女性の[お金の稼ぎ方・ふやし方・守り方]―一生、お金に困らない55のルール

 

 

draw your life!
tomokick.でした。