読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【Book】悩んでる時間を行動する時間にする <結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる>

book ちゅうつね

私もメンバーの一人でもある
有料オンラインサロン「ちゅうつねカレッジ」内で
自分が読んでいる最中ものやオススメの本を
紹介するスレッドがあるのですが
その中で紹介されていた本を読んでみました。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

 

 

心に残ったフレーズ5選

【1】

先延ばし癖のある人は締め切りを決めるだけでなく、

取りかかる期限を決めましょう。

作業をスタートさせる期限と締切の期限があれば、

ギリギリになる前にスタートでき、

進歩や全体を把握することができます。

締め切りは気にするものの、
取りかかる期限を気にすることはありませんでした。

締め切り前に出そうと思い、
提出期限の1日前を自分の中でのデッドと決めるものの
「まだ始めなくて大丈夫」
「締め切りはまだ先だから他のことをやろう」
と思って、気付いたら提出期限の1日前・・・。
慌ててやって、結局期限当日の提出。
8月31日の夏休みの宿題状態です。

なので作業を開始して、
ノリノリになったときには期限まであと少しで
結局、中途半端なまま提出してしまう。
完璧に最後までやり通すとなると
締め切りが守れなかったり、
妥協したものを提出するしかない。

そういうことを避けるためにも
開始期限にも意識を向けてみたいと思います。

【2】

1.なんの成約もなかったらどんな暮らしをしたいか
(心躍る未来像)を思い描く

2.今日1日を終えたとき、どんな気分でどんなことを
感じていたいかを思い描く

3.そんな1日の最後を迎えるためにも、
「今日すべきことはなにか」を書き出す
4.スケジュール帳を取り出して、もともと入っている
アポイントと3.で確認した「今日すべきこと」を
予定に組み込む

朝の時間にこの4つを考えることで
1日の全体を把握し、行動の無駄をなくしていく方法です。

私は完全アナログ派で
ほぼ日手帳weeksに全てのスケジュールと
その日のラントレ記録、体重・体脂肪・筋肉量
そして、

  • 1日の反省
  • 今日一番うれしかったこと
  • 明日やってみたいこと

を1日の最後に記入することを日課にしています。

なので、その日1日を振り返ることはしますが
「今日1日をどのように過ごしたいか」
ということについては特に考えることはありません。
決まっているスケジュールの中で
習慣としていることややるべきことを組み込むので
そこには、やりたいことやワクワクすることが
入り込む余地はなく、優先順位も低い。

これでは自分が本当にやりたいことや夢、
著書がいう「心が躍る未来像」は
ずっと見つからないままだな、と気付きました。
今ハマっている付箋を活用し、
この方法を1週間、お試しでやってみようと思います。

【3】

楽観的であるとは、過去にこだわらず、
未来の不安に押しつぶされず、
「今、ここ」に集中している状態です。
だからこそ大胆な決断、大胆な行動もできるのです。

「楽観的」というと、
何も考えてない人、というイメージがありましたが
そうではなくて、
過去に経験に縛られず、
これからどうなるか先の不安も心配しないこと。

未来の不安を考えたところで、
起きたことは元に戻れない。
どうなるかわからないことに
手をこまねいているのであれば
「今、ここ」に集中する。

できない理由を考える時間があるなら、
その時間で1秒でも早く行動することの方が
よい結果をもたらす気がします。

【4】

本人が「これは大事」「これは大好き」
「こうしていると楽しい」と感じるのは、
そのことに価値を認めているからに
ほかなりません。
その中にある、これだけは譲れないと
思えるほど強く価値を認める気持ちを
「譲れない価値観」と呼びます。
そして、「本当はこうありたい」
「こんな暮らしがしたい」「こんなことをしたい」
という、考えただけでワクワクする
未来の姿もあります。
それを「心躍る未来像」と呼んでいます。

ここで挙げられている
「譲れない価値観」と「心躍る未来像」を
掘り下げて考えることはなかったな、
と改めて思いました。

漠然と「自分はこうありたい」みたいなことは
ホワンと浮かぶときがあるけれど
大抵そういうときは、
仕事で嫌なことがあったときや
時間がなくて切羽詰まっているとき。
完全な現実逃避(笑)

心穏やかに、
冷静に自分と向き合えるときに
考えるほうが健全ですよね。

【5】

他人が、陰湿で後ろ向きな陰口を
たたいていたとしても、受け流して、
あなたはあなたのありたい気分をキープしましょう。
影響を受けたとしても、
そのたびに気分をリセットして、
自分の味わいたい気分を取り戻してください。

一緒になって陰口をたたいたり、
うわさ話をしていると
いつか自分に跳ね返ってくる気がしています。
そういうことって、
まわりまわって本人の耳にいつか入るだろうし、
自分発信の陰口でなかったとしても
一緒になって話していたのなら同じこと。

マイナスオーラやネガティブな発言にも動じず、
自分のありたい気分=穏やか、ごきげん、にこやか
をいつでもキープしていたいな、と思います。

 

まとめ:
私の「譲れない価値観」と「心躍る未来像」

<譲れない価値観>

  • 手書き文字、文章へのこだわり
  • 走ること、ランニング
  • ヨガをする時間
  • 美味しいごはん食べながら楽しくおしゃべり

<心躍る未来像>

  • NYのアパートメントの朝日が差し込む部屋で
    クロワッサンとコーヒーの朝食を食べている
  • コロンバスサークルからスタートして、
    毎朝セントラルパークを走っている
  • 英語のスクールに通いながら、
    NYの無印良品で働いている
  • ヨガで心身共にしなやかになる
  • メンターとなるヨガトレーナーに出会う
  • グリーンマーケットで調達してきた食材で
    シンプルでも美味しい夕食を楽しむ
  • ヒゲが生えた長身の外国人のパートナーがいて、
    毎日一緒にいるけれど、お互いの時間を尊重し、
    依存しない関係を築く。
  • そのパートナーは
    私の話を聞いてくれて、的確なアドバイスをくれる
  • どんなことがあっても1日1回は笑えることがある
結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

 

 猪突猛進に「すぐやる」のとは違い、
目的ややりたいことを達成するための
「すぐやる」方法がまとめられた本。

ウジウジしたり、不安に思ったりすることは
よくあるけれど
そこで立ち止まっていても何も始まらない。
案外、やってみたら大したことなかったりして。
まずは一歩、踏み出してみよう!

 

draw your life!
tomokick.でした。