読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【Run】走りながら物事を進めていく。

run シンプルライフ

https://www.instagram.com/p/BBAMyTSL4cz/

2016.1.26/60minJOG昨日寒すぎたせいか、暖かく感じる夜。#nikeplus #nikewomen #nikerunning #asicswoman #asicsrunning

いつの間にか禁酒生活が14日目突入。
あっという間な気もするし、
このままお酒を飲まなくても平気な気もする。
なんでお酒を飲んでいたかも
今となっては思い出せない。

手帳のおはなし。

私の手帳は「ほぼ日手帳weeks」です。

2015年12月から手帳を書き始めて
自分なりのフォーマットが決まってきました。

<左ページ:ウィークリー>青色

  • 仕事とプライベートの予定(時間・場所)
  • 主なToDo(連絡する人や企画書作成など)

<右ページ:メモ>赤色・緑色

  • 体重・体脂肪率・天気・体調
  • 1日の食事(朝・昼・夜)
  • 日記メモ(1行×4つ)

という具合で、主に青色ペンで書き込みますが
右ページは赤と緑のペンを使っています。

これでもよかったのですが
やっぱりなんだかしっくりこない・・・。
出来れば、青ベースで差し色は黒にして

「色はシンプルに、ビッシリ書き込みたい!」

という気持ちがムクムクと出てきました。

思い立ったらすぐに行動。
早速、今日からテストしてみようと思います。

 

行動にメリハリがつく?"1H3Q"とは?

twitterのタイムライン上で発見した「#1h3q」

はて?これはなんじゃろ?

と思い、元を辿ったところ、
整理収納アドバイザー・りんかさんのブログ
「366日のとっておき家事」で紹介されている
時間管理法のハッシュタグでした。

どういったものなのかは
りんかさんのブログを見ていただいて・・・。

まずはtwitterでハッシュタグを付けて
物は試しでやってみたんです。

まぁ、作業がはかどる、はかどる。

「1時間のうちにやりたいことを3つ書いて、
時間内に達成できたら、自由時間。」
という方法が、私にとても合っているみたいで
ゲーム感覚で楽しんでいます。
ずっと寝かしていた撮影備品の整理も手を付けたしね。


その1時間での気づきや振り返りをしたいな、
と思うとtwitterだとちょっとやりにくい。
evernoteでもやってみたけれど、何か違う。
小さなフセンを1枚1時間として書き込んだところ、

コレダ!コノ方法ダ!

と発見。
ウムウムと1日過ごしたのですが
やっぱりなんかひっかかる。
細かいフセンばかりが集まって
気づきや振り返りを書き込めない・・・。

うーん・・・

せっかく作業が進む良い方法を見つけたけれど
デジタルじゃなくてアナログ管理したい。
できればほぼ日手帳weeks一冊で済ませたい!

いろいろ考えた結果、
仕事の打ち合わせメモに使っていた、
手帳にある最後のメモページを
「1H3Qページ」に変更しまして
そこに日付と1時間ごとのやりたいこと、
そしてその振り返りを細かく書くことにしました。

メモページを爆走で書き切ってしまいそうだけど
書き終えたら、オリジナルに転身しようかな(笑)

 

思いついたら即行動!
走りながら進めていく。

手帳とかメモなど、
ちまちまと小さい文字でビッシリ書き込むことが
好きなんですよね、私。

打ち合わせやセミナーなどの内容を
パソコンやスマホで打ち込んでいる人を見ると
すごいなーと思います。
確かにその方法は議事録をまとめるときなど
フォーマットに沿って
リライトすればよいだけだから効率的。

だけど、私は手書きがしたい!
文字が書きたい!
写経やってみたい!(え?)

その方法がベストか、効率が良いか、
いろいろ考えるべきところではあるけれど
まずは、

自分にとってやりやすい方法

が一番。

小さな違和感を無視して
何となく進めていけば
やがてその違和感は大きくなって
爆発するときがやってくる。

小さな違和感にちゃんと気づく。
でも、足は止めずに軌道修正していく。
そのためには
自分が心地良いと思うものをわかっておくコト。
凸凹がピタッとハマるようにするには
どうしたらよいかを常に観察するコト。

自分と向き合う時間とは
そういうことなのかもしれない。

 

draw your life!
tomokick.でした。