読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【自分ゴト】欲しいものを買う基準とは?

シンプルライフ 自分ゴト

f:id:dj_tomokick:20160120181202j:plain

2015年に撮った写真を整理していたら
半年間通ったカメラ日和のセミナーの
課題写真が出てきた。

 

  • ティファニーのDBYシリーズのネックレス
  • マリメッコのプケッティ柄のラテマグ
  • ガーミンの225J
  • ランニング用のイヤフォン
  • クナイプのバスソルト・・・

これらは今、私が欲しいもの。

手に入れようと思えばいつだって買える。
お店に行って、見て、触って、
気に入れば持ち帰ることができる。
ネットショッピングでポチッとしたら
次の日には届く。

でも何で今すぐ買わないのだろう?

 

今すぐ必要ではないモノの買い時

トイレットペーパーや明日食べるパンなど
すぐに必要になる日用品と異なり、

「欲しいけれど、高価なモノ」
「今すぐ必要ではないけれど、
そばにあったらワクワクするモノ」

を購入するタイミングが難しい。

毎朝、コーヒーを淹れる習慣があって
無印良品のコーヒーカップで飲むのだが

「北欧、暮らしの道具店で見かけた
マリメッコのラテマグで飲みたいな」

とか

「かもめ食堂でサチエさんが使っていた
イッタラのカップもカワイイな」

と思う時がある。

NYから日本に帰国して
雑誌をパラパラめくっていたら

「そうだ!私がティファニー本店が買いたかったのは
DBYのネックレスだった!」

と思い出したり・・・。

ランニング中に耳にフィットしない
イヤフォンの位置を調整する度に

「スポーツ用のイヤフォン欲しい」

と思ったりする。

これらはすぐに買おうと思えば買えるけれど
なんだか買い時を逃してしまう。
手元にあったら、
嬉しいし、ワクワクするし、便利なのに。

 

すぐに買わない理由は”値段”

先ほど挙げた欲しいモノたち、
今すぐ買うとしたら

  • マリメッコのラテマグorイッタラのマグカップ
  • クナイプのバスソルト

この2つは
価格が2,000〜5,000円以内
ということに気づく。

 

価格を基準にすると、

次に購入できるのは

  • ランニング用のイヤフォン

こちらは10,000円前後の価格帯。

その次は、

  • ガーミン225J

こちらはランニング用のGPSウォッチ。
価格は約40,000円

最後は

  • ティファニーのDBYシリーズのネックレス。

ローズゴールドの一番小さなカラットで
約80,000円

 

高価なものを買って後悔したくない

私はちょこちょこと小さな買い物をして
気づくと大きな金額になっていることがよくある。
顕著なところで出るのが

  • 本(kindleや本屋で読みたいものはパッと買う)
  • 音楽データ(1日の大半はラジオを聴いているので気になった曲は買う)
  • 有料記事や課金アプリ(数百円だけど積み重なると結構な金額になる)

こういうものは感覚で「いいな」と思うものは
パッと買うのに
考えてみると2,000円以上のものは躊躇する

 

去年、「北欧、暮らしの道具店」でレインブーツを衝動買いした。

https://www.instagram.com/p/BAqcFVbr4bz/

イルセ・ヤコブセン/ラバーブーツ

  • ショートブーツ型のレインブーツが欲しかった。
  • 在庫限りの商品だった。
  • NYに行く前だった(雪降ってたら履いていこうと思った)

という理由で、20,000円以上するのに即ポチ。

すぐに届いたので、届いたその日に履いたのだが
ラバーブーツのため、
乾燥している冬は、静電気がすごい。
もともと電気体質な私。
手を洗うのに流れる水を触るだけでパチパチする・・・。

 

「カワイイし、サイズもピッタリ。
だけど晴れの日には履けないな・・・」

 

そう思った瞬間、
買ったことに後悔し
あぁ、これも手放してしまうのかな、
と切なくなってしまった。
結局NYにも履いていくこともなかった。

しかし、この間の雪の日。

「そうだそうだ、ラバーブーツがあった!」

と思い、履いて出勤。
結果、とても気分が良くてルンルン。

もともと一目惚れして買ったものだし、
サイズもピッタリだから
雨風が強くて足もとが悪くても気分が良かったのだ。

自分基準で高価なものだからこそ
長く使っていきたいし、
手に入れたことを後悔したくない。

 

本当に欲しいかを常に考える

ミニマリストを目指して
シンプルな生活を心がけているけれど
その反面、
心の片隅にはいつも
何か1つは欲しいものが浮かんで消える。

「物は増やさない」

と頑なに考えるのではなく

「本当に欲しいかどうか」

を常に考えることが必要。

「これがあったら・・・」
と想像する時間こそ
今までの私になかった時間かも。

欲しい!と思ったら
すぐにポチッとするのではなく
一呼吸置いて考える。
そんな習慣を身につけたいです。

 

draw your life!
tomokick.でした。