読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【NY旅行③】一人でも大丈夫。NYでブランチを堪能したい!

NY travel

NY旅行記、第3回目のテーマは

「ニューヨークでのブランチ」

についてです。

 

過去の記事はコチラ↓

 

ブランチなら
ベーカリーカフェがオススメ!

朝食やランチって
ディナーとはまた違う楽しみがありますよね。


パンケーキやベーグル、
エッグベネティクトもよいのですが
もうちょっと気軽に、
女性一人でもフラリと入れるところ。
そして、
充実したブランチタイムを堪能できるお店。

それこそが今回の旅行で
私がほぼ毎日通った場所

ベーカリーカフェ

です。 

 

オススメ①:ブションベーカリー

ブションベーカリー

f:id:dj_tomokick:20160114091629j:plain

私が泊まったホテルが
コロンバスサークル駅の近くだったので
タイムワーナーセンターにもよく通いました。

そのタイムワーナーセンター内にあるのが
「ブションベーカリー」です。

ショーケースに並ぶパンと飲み物を
店員さんに伝えてお会計。
カフェスペースで食事をすることができます。
セントラルパークが目の前なので
そのまま公園内で食事をするのもよいかも。

バケットサンドイッチは
トーストするかどうかを聞かれるので
ここは是非、温めてもらってください。
少し時間がかかりますが
アツアツのとろけるチーズが楽しめます。
一人でも十分な大きさなので
カットしてもらうことも忘れずに。

 

オススメ②:パリバケット

パリバケット

f:id:dj_tomokick:20160114093046j:plain

兄から「日本のパンに近い味の店だよ」
と教えてもらったのが
「パリバケット」です。

今調べたら、韓国にあるチェーンの
ベーカリーショップとのこと。
なるほど、とても美味しかったです。

ショーケースにはパンの他にも
ケーキなどのスイーツや
フルーツ、ヨーグルトなどが並び
ブランチにピッタリの品揃え。

日本と同じく、
食べたいパンをトレイに乗せて
レジでお会計となります。
カフェスペースがあるので
店内でも食事ができます。

リンク先の住所はコリアンタウンになっていますが
コロンバスサークル駅の近くにもありました。

 

オススメ③:ル・パン・コティディアン

ル・パン・コディディアン 

私、このベーカリーカフェに
滞在中、3回通いました(笑)

それには理由があって、
先にNY入りしていた母親が
兄のお嫁さんと孫と3人で行った、と。
義理のお姉さんも
「ル・パンのパンは美味しいから行ってみて」
とオススメされていました。

まず1回目、食べたものは
チョコデニッシュとアップルサイダー。

f:id:dj_tomokick:20160114121552j:plain

そのときに母親が

「お母さんが食べたいのはこれじゃないのよ・・・」

とつぶやきました。

 

え!そうなの!?

 

どうやら、いろんな種類のパンが食べられる
パンバスケットならぬものがあるらしいのです。

早く言ってよ・・・。

 

そして別の日に行き、
なんとかメニューから
パンバスケットらしきものを見つけ出し、
本日のスープとともにオーダー。

f:id:dj_tomokick:20160114121622j:plain

いやはや、よかったよかった

と安堵していたところ、またしても

「前はね、いろんなジャムが付いてきたの・・・」

とつぶやく母・・・。

 

え!そうなの!?

 

しかし、まわりを見渡しても
ジャムを食べている人も
テーブルにジャムが置いてある様子もなく。
ただ、ここまでくると、
そのジャムやスプレッドを付けて
パンを食べてみたい!

 

3度目の正直でやっとありつけました。
優しそうな店員さんが
ブルーベリージャムとピーナッツスプレッドを
持ってきてくれました。
ホッとしすぎて写真撮ってません(笑)
義姉さん曰く、

「ジャムが出てこなかったら、
ちゃんと言わないと、出してくれないよ」

むむむ。そうだよね。

 

小さいサイズでもパンバスケットには
山盛りで出てくるので
二人でシェアして十分な量です。
食べきれなかったら、
持ち帰ることを伝えれば紙袋を渡してくれます。
パンバスケットの他にオススメは
冬ならばホットのアップルサイダーです。
初めて飲んだのですが、美味しかった!
カフェオレボウルにたっぷり注いでくれます。
あと、スモークサーモンのプレートを頼みましたが
ここにもパンが付いてきたので
プレートかパンバスケット、どちらか一つで
十分お腹いっぱいになります。

このお店は先ほど紹介した2店舗とは異なり、
テーブルでのオーダー、お会計となるので
アメリカ旅行の難関の一つ、チップが必要です。
3回ともに異なる店舗に行きましたが、
レシートに目安のチップ額を書いてくれていました。
だいたい、TAXの2〜3倍くらいでしょうか。


また、このお店は
マンハッタンのあらゆるところにあります。
駅の近くには必ずあるんじゃないか、
と思うくらい、よく見かけるので
宿泊するホテルの近くにあるかどうか
チェックしておくと
素敵なブランチタイムが過ごせますよ。

 

東京では芝大門や日比谷にもあるみたいなので
もう1回行って、
もっとたくさんのスプレッドを試してみたい!
というのが今の私の野望です(笑)

 

draw your life!
tomokick.でした。