読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【自分ゴト】100年日記と未来日記

シンプルライフ 自分ゴト

f:id:dj_tomokick:20151210084149j:plain

「北欧、暮らしの道具店」のinstaに載っていた
『キャベツと豚肉のごま塩鍋』を作ってみた。
食べきれずにお味噌を足して
お味噌汁にして食べました。

ブログを徘徊していて見つけた本 

“奇跡

“奇跡"は自分で起こせる! 3日後「引き寄せ」日記

 

こちらを買って購入しました。
すぐ読み終えたので、続いて買ったのがこの本。

1年後の毎日が変わる!  あなたの夢を叶える「100年日記」

1年後の毎日が変わる! あなたの夢を叶える「100年日記」

 

 「100年日記」の本はまだ途中なのですが
早速取り入れたいと思っています。

 

来年の目標
心のどこかで叶わないと思っている。


毎年、
「来年の目標を立てるぞ!」
と意気込んで、
手帳の1ページ目に書いたりするけれど
半年、1年経って、年末にそのページを開いて
「あぁ、こんな目標立てていたっけ?」
という感じ。

夢とか目標とか特にないかも、
と思ってしまうのは
結局、叶わないし、
叶えられないから。
心のどこかで
「やっぱり無理だろうなぁ」
と思っているから。

望まない現実に対して不平不満を感じ、
そして未来には「不安」を抱く。
こんな思考のチャンネルに合わせながら生きていては、
望まない現実ばかりを体験することになってしまいます。

と引き寄せ日記の本には書いてあって、
なるほどなぁ、と思った。
そりゃ叶わないわ。
だって、今思った夢も目標も
立てたそばから「叶わない」って思ってるんだもの。
まずは物事の感じ方を変える、
そこからスタートです。

 

どうしたい?どうなりたい?は
すぐには見つからない。


漠然と毎日を過ごし、
特に達成したいこともなく、
目の前の仕事を淡々とこなしていく。
1日はあっという間に過ぎていくし、
1年はすぐに経ってしまう。

「今日、何をしましたか?」
と聞かれて、すぐに答えられない。
そんな毎日の中で
自分がどうなりたいか、どうしたいかなんて
見つかるはずはない。

そのときに感じた突発的な感情だって
1秒後には忘れてしまうのだから
それを振り返らずして
自分のことなんてわかるはずがない。

そうやって、
自分をないがしろにしていて
何をしたいかわからない、なんて
そりゃそうだわ、という感じ。

 

自分と向き合うってどういうこと?

ヨギーニからよく聞く言葉

「ヨガをやっていると自分と向き合う時間ができる」

正直、よくわからなかったし、
今でもヨガをやっていて自分と向き合っているのか
それさえもわからない。

それがヨガであれ、ランニングであれ、
自分がどう感じて、どういう状態にあるのか、
というのを第三者的に見つめることなのかもしれない。

手法はどうであれ、自分が

なんでそう思ったのか、
美味しいと思うのか、好きと思うのか、
何が楽しくて、嬉しいのか。

を考える時間は必要なんだ。

自分のことだから、自分が一番知っている
と思っていたけれど、全くそんなことはなくて
だから今更、

「自分の中心軸を見つけたい」

なんてことを言っているんだと思う。

 

自分を好きにならなくてもいいけれど
自分のことくらいよく知っておきたい。

こんな自分はダメだ、
こんな自分は嫌い、大嫌い。

ずっと思っていたこと。
自分はもっとできると思っているけれど
何もできない自分に嫌気がさしている感じ。

他人から指摘されれば尚更、
もっと自分を嫌いになっていく。

自分のこともよく知らないで
勝手に嫌いになって
どうにもならなくなっている状態って
何だか変な感じ。

自分のことを無理に好きになることはないけれど
ちゃんとよく見てあげて、観察して、
もっと楽しく、ご機嫌になってほしいと思う。

「こんな風になったら楽しいな」
と思うことは実現させてあげたいし、
「今日はこんないいことがあったんだよ」
と思ったら、ふむふむってちゃんと聞いてあげたい。

そういう日々の自分と向き合う時間を持つことが
手帳に書く日記であったり
このブログだったりするんだ。

draw your life!
tomokick.でした。