読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【ちゅうつねカレッジ】自分が自分のマネージャーになったらどこをどうダメ出しするか&褒めるか

シンプルライフ ちゅうつね 自分ゴト

f:id:dj_tomokick:20151125164235j:plain

錦糸町のデンジャラスゾーンの一角にオアシス発見

 

私は、誰からどう思われてもいい、
と思っているフシが私にはあるのですが
その反面、
自分がどう思われているのかを
気にしているところもあり。
どちらかというと後者の気持ちの方が
強いのではなかろうか、と思うこの頃。

あまのじゃくです。

 

人の気持ちやテンションは
日によって変わることはよくあることで
そのコンディションを一定に保つことが
ご機嫌に過ごすベストな状況。

 

私はほとんどの場合、
外部から受ける出来事で気分が変わります。
ここはもう少し訓練しないとダメな部分で
自分の中心軸探しにも通じることでもあります。
中心軸があれば
人の意見にも左右されることはないし、
受け入れるものは受け入れて
聞き流すことはサラリと聞き流す。
その基準を
自分できちんと見定められるようになりたい。

 

11月の課題は?

さて、
ちゅうつねカレッジの11月のテーマは
「ファンを作る方法〜折れない心の作り方」

 

今週のはあちゅうさんからの課題は

「自分が自分のマネージャーになったら
どこをどうダメ出しするか&褒めるか」

です。

 

この課題は

自分の中にもう一人自分をつくって
その人を自分のマネージャーと仮定し、
理想の自分づくりをしているうちに
知らない間にファンの数は増えているのでは?

という方式に則っています。
客観的な目を持つ、ということですね。

 

私から私へのダメだし

嫌だと思ったことが顔に出やすい

笑ってごまかす。スルーすることも大事。

 

私自身はまったく気づかないのですが
自分が嫌だと思ったことを相手に言われると
目の下の頬骨あたりが
ピクッと痙攣するらしいです(笑)

昔からよく親に怒られたのが

「すぐにふてくされること」

言葉に出さずに思いっきり表情に出すのは
直したいクセの一つです。

 

やることを寝かせる

100%でやろうと思ってもできないんだから

少しずつでも手をつけて、

動きながら考えればいい。

 

社長によく指摘されることです。
早く手をつけてしまったほうがいいというのは
十分わかっているのですが・・・。

毎度毎度、企画書作成や
打ち合わせ資料作成については
締切ギリギリで夏休みの宿題状態。

最近ではいきなりハードルを上げずに
出来るところから
早めに手をつけるようにしていますが
完成したものと自分が考えていたことの差異、
物事を進めるための段取りについては
まだまだ試行錯誤中です。

社会人になって10年も経つというのに・・・

 

私が私を褒めるところ

人に薦められたことを否定しない

おススメされたものの体験を共有する

 

ブログや知人、ラジオ、雑誌を通して
面白い本や素敵な音楽がおススメされていたら
素直に「そうなのか!」
と受け入れます。

試してみなければ
自分に合うか合わないかは
わからないので、
「だって」「でも」と否定せずに
何でも試しています。

これからはおススメしてくれた人に
どう思ったかの感想とお礼ができる人に
なりたいです。

はてブやコメント、twitterなど使う)

 

人の話を聞く

自分の話もできるようにする

 

自分がされて一番嫌なことは
人が話しているのに
その話を遮って話そうとする
ことです。

人が話しているのに
スマホを見たりするのも論外で
話をするならちゃんと話がしたいのです。

人の話を聞くのはそこまで苦ではないし
話を遮ってまで自分の意見を言いたいと思わない。

上の空の時もありますが・・・。

人の話ばかり聞いていないで
自分の意見も
きちんと言葉で言えるようになりたいです。

 

自分のいいところ、悪いところは
定期的に見直すとよいかもです。

頭では考えていても
ブログや手帳にアウトプットすると
客観的に自分を見つめられますね。

 

draw your life!
tomokick.でした。