読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

【自分ゴト】やっぱりラジオが好きっ!〜きっかけ編〜

自分ゴト

 このブログのコンセプトは

 一番最初の記事に書きましたが

dj-tomokick.hatenablog.com

 ホイチョイムービー3部作

「波の数だけ抱きしめて」に出てくるような

コミュニティFMをイメージしています。

 

今回は大好きなラジオについて

お話ししたいと思います。

 

ラジオに触れるようになったのは

遡ること小学生のとき、

某アイドルグループが好きだったこともあり

そのグループが出ている番組は

片っ端からチェック。

アイドル誌を読んでいたら

どうやら出演しているのはテレビだけでなく

ラジオにも出ているらしい。

と、いうことで

手持ちのラジカセを持ち出して

聞き始めたのがきっかけです。

 

最初はAM局。

文化放送から聞き始めました。

それからニッポン放送で

「古田新太と犬山犬子のサンデーおちゃめナイト」

「ドリアン助川の正義のラジオ!ジャンベルジャン!」

とか聞いてましたね。

(今、当時の番組検索して懐かしくて泣けた・・・)

内田有紀の「夜空にyou kiss」とか

牧瀬里穂もラジオやってたなぁ。

 

AM局は学生向けというか

アイドルが担当する番組も多いので

とても聞きやすく

夜の勉強中にイヤフォンごしに

よく聞いたものです。

なので、FM局は大人が聞くもの、

英語もあるし、よくわからん、

と、全く聞くことはありませんでした。

 

しかし、

当時人気番組だった

「夜もヒッパレ!」に出演していた

赤坂泰彦さんのマイクパフォーマンス。

「なんだ、この人、かっこいい!」と

いうのがきっかけで

「赤坂泰彦のMillion Nights」を知り、

TOKYO-FM、FM局に触れることになります。

 

実家周辺の情報を知りたい、となると

必然的に聞くようになったのが、BAY-FM。

きゃんひとみさんや帆足由美さんが好きで

休みの日は一日じゅう聞いていました。

BAY-FMはサテライトスタジオがいくつかあり、

夏にはキャラバンカーでステッカーを配布する

という企画もあって

近所のカーショップまでステッカーをもらいに

行ったこともあります。

 

そして今、朝起きたときから

オフィスにいるとき、家に帰ってきたとき

一日中聞いているのが、

J-WAVEです。

 

震災があったときも、

聞いていたのはJ-WAVEでした。

 

交錯する情報

止めどもなく流れる情報に振り回され

何が起きているのか

よくわからない状況のときに

いつも聞いているナビゲーターの声に

どれだけ救われたことか。

 

私にとってラジオは

生活の一部、といっても過言ではないのです。

 

〜ラジオの魅力編〜に続きます。

dj-tomokick.hatenablog.com