読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

自分の身は自分で守る

先日、初めて警察のお世話になりました。

 
いつものようにお風呂に入って、ベッドでゴロゴロして、そのまま寝てしまい。
ただ、その日は夜なのに家の周辺が騒がしくて、少し眠りが浅かったんです。
そんなときにインターフォンが鳴って。
私はオートロックのマンションに住んでいるので、インターフォンが鳴ったら誰が訪ねてきたかがカメラ画面でわかるようになっているんですね。
寝てたし、何かの間違いだろうと思って放置していたら、また鳴るんです。
それで画面見たら何も写っていない。
つまり、エントランスのインターフォンではなく、マンションに入ってドアのインターフォンを鳴らしているということ。
時計みたら4時ちょっと前だったし、酔っぱらった人が間違えちゃったんだな、と思ってスルーしました。
 
それから私も眠りに入ろうとウトウトしていたら、
また鳴ったんです。インターフォンが。
何度か鳴らされたので、さすがの私も恐くなって、インターフォンの受話器から「どなた様ですか?」って聞いても返答がない。
また鳴らされる。
受話器出る。
返答なし。
というのが繰り返しあったので、恐くて110して。
すぐに警察の人が来てくれて、周辺を見てもらったのですが、誰もいませんでした。
 
通報した時と、一連の出来事を人に話した時に思ったのが
「どういうことが起きたのかを事細かく思い出せない、うまく話せない」
ということでした。
 
110しても何があったのかをうまく話せないし、
警察を呼んでも具体的な出来事を時系列で話せなくて。
改めて相談窓口で周辺のパトロール強化をお願いしたのですが、
どうしてほしいのか、ということもうまく伝えられず。
 
今まで何かあっても周りがどうにかしてくれていたし、
私が全部話さなくても何となく状況を察してくれていたというのもあったので
さすがに、このままじゃだめだな、と思いました。
 
独立する、一人で暮らす、ということは自由な分、
もっと自分に強く、厳しくいなければならないんだな、と。
 
起こった出来事はどうすることもできないけれど、
そこで経験したことをそのままにしてはいけない。
失敗したら、次はどうしたらいいのか、対処法を考える。
それは仕事でもなんでもそう。
起きた出来事の先をこれからは考えるようにしよう。
 
1.戸締まりはきちんとする。窓開けたまま寝たりしない。
2.マンションを出入りするときはこまめに振り返って用心する。
3.次回同じ事が起こったら、時間と出来事を細かくメモする。