読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風街BREEZE

シンプルライフ以上ミニマリスト未満に憧れる広告SPプランナーの日々。

自分の身は自分で守る! 女性一人暮らしの防犯チェックポイント

一人暮らしも慣れたもので、自由気ままに日々過ごしている。

とはいえ、女性の一人暮らし。

何かと物騒な世の中だから、自分の身は自分で守らなければ。

 

明け方に家のインターフォンを鳴らされる

いつものようにお風呂に入って、ベッドでゴロゴロしたまま寝てしまった、ある日の夜、突然家のインターフォンのベルが鳴った。

f:id:dj_tomokick:20170124001036j:plain

私のマンションはオートロックなので、エントランスで部屋番号を押して呼び出すと、訪ねて来た人を室内のカメラ画面で見ることができるのだけれど、画面は真っ暗で何も映っておらず。

「何かの間違いかな?」

と思って寝直すと、またベルが鳴る。

画面を再度見ても、やっぱり何も映っていない。

そのカメラ画面には、エントランスの防犯カメラからの映像が映し出されるので、つまりは、エントランスのインターフォンを鳴らしているのではなく、マンションに入ってドア正面のインターフォンを鳴らしている、ということなのだ。

時計を見たら、明け方4時ちょっと前。

「酔っぱらった同じフロアの人が、部屋を間違えちゃったのかな」

と思い、布団に再度潜り込んでウトウト。

が、しかし、またインターフォンが鳴る。

今度は何度も何度も鳴らされて、さすがにムカムカしたのでインターフォンの受話器から

「どなた様ですかっ?」

とドスの効いた声で尋ねても応答なし。

受話器を元に戻すと、またベルを鳴らす始末。

さすがに耐えかねた私は、すぐに110番通報した。

 

オートロックだからって安心していませんか?

すぐに警察官が数名で駆けつけて、周辺を見てもらったのだけれど、特に不審者はおらず。

f:id:dj_tomokick:20170124001101j:plain

その後、再度警察署に出向いて、周辺のパトロール強化を依頼。

半年間くらい月1〜2回ほどのペースで深夜から明け方にかけてパトロールをしてもらうことに。

この時に思ったのは、マンション外部だけでなく、内部の防犯も意識しなければいけない、ということ。

同じフロアの人や隣に住む人もどんな人なのかわからない中で、自分の身を守るための手段は最低限取るべき。

そこで購入したのが、ドアスコープに付ける防犯カメラ

TWINBIRD ワイヤレス・ドアスコープモニター DoNaTa(ドナタ) ホワイト VC-J560W

TWINBIRD ワイヤレス・ドアスコープモニター DoNaTa(ドナタ) ホワイト VC-J560W

 

 これなら、マンション内部に入ってきた人が尋ねてきても、モニターでチェックすることができる。

 

防犯対策は、ちょっと過剰くらいがちょうどいい

一人で暮らす、自立する、ということは自由な分、もっと自分に強く、厳しくいなければならない

女性の一人暮らしは特に。

防犯対策は、ちょっと過剰なくらいがちょうどいいと思う。

今すぐできる対策は、

  1. エントランスに入るときは、後ろに誰か付いていていないか振り返る
  2. イヤフォンで音楽を聴きながら夜道を歩かない
  3. エレベーターは必ず一人で乗る
  4. 自室に入ったらすぐにドアの鍵を閉める

自由気ままな一人暮らしを満喫するためにも、日頃の防犯対策は万全に。

 

draw your life! ともきっくでした。

 

▼ミニマムライフが参考になるトラコミュ▼

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 

日常の小さなできごとを愛する生活

暮らしを楽しむ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

シンプルで豊かな暮らし